改めて梅雨入り?

©株式会社長崎新聞社

 梅雨晴れの空は、やけに明るい。雨雲に覆われた暗い空を見慣れているぶん、余計にまぶしく見えるのだろう。そう思っていたが、6月の空は実際に、1年のうちで最も明るいらしい▲気象を解説する本によれば、夏至が巡ってくる6月は太陽が北半球を強く照らす。梅雨の雲に隠れがちだが、雲の上にはひときわ明るい空が広がるという▲九州北部は平年より20日も早く、5月半ばに梅雨入りし、もう梅雨本番かと思わせる大雨もあった。それが近頃は雨雲が少なく、空が明るい日も多い。県内では気温30度以上の真夏日になった所もある▲それでも好天が続けばやがて荒天になる。若葉が陽光に輝いていても、何日かたてば雨空に変わることを〈木の葉が光ると雨〉と言う地方もあるらしい。木の葉を輝かせる晴天から雨天へ、今がその変わり目なのだろう。県内の天気は下り坂に向かうとみられる▲きょうは雑節の一つで、暦の上での梅雨入りを指す「入梅」だが、「九州は改めて梅雨入り」と知らせるようでもある。天気予報にしばらく晴れマークはうかがえない▲毎年のように暴れ梅雨となるため、同じ場所に長い時間、強い雨を降らせる「線状降水帯」の発生情報を、気象庁は17日から発信する。改めて梅雨入りするならば、梅雨本番への心構えもまた改めたい。(徹)