Netflixアニメ「バイオハザード」壮絶な戦場シーン描いた冒頭映像&新場面写真が公開

©株式会社イード

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

サバイバルホラーゲームの金字塔『バイオハザード』シリーズ初の連続CGドラマとなるNetflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』が、201年7月8日よりNetflix にて全世界独占配信される。

このたび壮絶な戦場シーンが描かれる本編冒頭映像と、戦地「ペナムスタン」の様子をとらえた新場面写真が公開された。

“武士”キャラといえば? 3位「ワンピース」ゾロ、2位「るろうに剣心」緋村剣心、1位は...

本編冒頭の舞台は、劇中の現在から6年前(2000年)にさかのぼり、銃弾が飛び交う内戦中のペナムスタン市街。

米軍の「特殊部隊」のヘリが墜落し、ジェイソン率いる米陸軍「マッドドッグス隊」は、戦場に残された生存者を救出するため、司令室の待機命令に背く形で自ら先頭に立っていた。

このたび公開された映像では、当時「マッドドッグス隊」の隊長で、劇中の現在(2006年)は合衆国のエージェントとしてレオンと行動をともにするジェイソンの勇敢な姿や、ペナムスタン民兵と激闘を交わす「マッドドッグス隊」の隊員たちを確認できる。

また『バイオハザード』シリーズではお馴染み(!?)の、ヘリコプターの墜落シーンも見どころ。1秒たりとも目が離せない、見応えのある映像に仕上がっている。

あわせて新たにお披露目となった場面写真は、戦闘地域に降下する直前のマッドドッグス隊の険しい表情や、ペナムスタン民兵との激しい戦闘の様子など、緊張感が伝わってくるシーンをとらえたもの。

暗闇の中で照らし出された「マッドドッグス隊」と思われるフォトフレームの写真は、一体何を意味しているのか。そして、ペナムスタンでの過去につながる巨大な陰謀とは。謎が謎を呼ぶ展開のなか、秘められた真実に辿り着いたとき、壮絶な結末を迎える……。

Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』は、2021年7月8日よりNetflixにて全世界独占配信。

Netflixオリジナルアニメシリーズ

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』

話数:全4話

配信日:Netflixにて2021年7月8日(木)より、全世界独占配信

原作・製作・監修:株式会社カプコン

監督:羽住英一郎

脚本:武藤将吾、羽住英一郎

エグゼクティブプロデューサー:小林裕幸(カプコン)

製作プロデューサー:篠原宏康(トムス・エンタテインメント)

プロデューサー:古屋厚(ROBOT)

CGプロデューサー:宮本佳(Quebico)

フル3DCGアニメーション制作:Quebico

制作プロデュース:トムス・エンタテインメント

クリエイティブアドバイザー:トニー石塚(Sony Pictures Entertainment)

音楽:菅野祐悟

日本語吹き替えキャスト:

レオン・S・ケネディ:森川智之

クレア・レッドフィールド:甲斐田裕子

ジェイソン:立木文彦

シェンメイ:潘めぐみ

パトリック:野島健児

グラハム大統領:井上和彦

ウィルソン国防長官:田原アルノ

ライアン大統領補佐官:小形満

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

好きな“アニメの名台詞”は? 3位コナン「人が人を助ける理由に...」、2位コードギアス「撃っていいのは...」、1位は?<21年版>

“火・炎”キャラといえば? 3位「炎炎ノ消防隊」森羅、2位「FAIRY TAIL」ナツ、1位は...<21年版>

エミリアの花嫁衣装と「20年後のスバル」が登場! 「リゼロス」最新情報まとめ

仲瀬 コウタロウ