生徒みんなで「事件」解決! 浜益中生徒会がゲーム企画

©株式会社北海道新聞社

グループで協力しながらゲームをする浜益中の生徒たち

 【石狩】浜益中でゲームを通じて円滑なコミュニケーションを学ぶ授業が行われた。生徒会がゲームを企画し、全校生徒13人が参加した。

 生徒会の「ハママス・スマイル運動」の一環で、全校生徒が関わる機会を増やそうと生徒会が7日に実施。ゲームは「バンガロー殺人事件」の名称で、4、5人がグループになり、それぞれが持つカードに書かれた犯人の指紋やアリバイなどをヒントに事件を解決する。すべて言葉で説明するのがルールのため、生徒たちは自分の話した内容が伝わると大喜びしていた。