札幌や旭川で今年初の真夏日 梅雨前線は

週間天気予報

©株式会社サニースポット

きょう11日(金)、九州や四国、中国で雲が広がっています。他は晴れ、強い日差しや暖かい空気が流れ込んでいる北陸や北日本で既に真夏日となっている所があります。札幌や旭川で今年初の真夏日を観測しました。
今週末~週明けにかけて、西~北日本は日中の気温は26℃前後と平年並みとなり、季節外れの暑さは落ち着きますが、湿気が多いため蒸し暑く感じられるでしょう。

きょう11日(金)午後、沖縄は晴れても、にわか雨があるでしょう。九州や四国は次第に雨が降り出し、奄美で雷を伴う所もある見込みです。中国はにわか雨があるでしょう。近畿~北日本は晴れる見込みです。

あす12日(土)、大陸~九州南部に梅雨前線が延びて、沖縄は晴れても、にわか雨があるでしょう。九州は局地的に雷を伴う激しい雨の降る恐れがあります。中国~近畿は雨が断続的に降る見込みです。東・北日本は雲が多く、東海や日本海側を中心に、にわか雨があるでしょう。

あさって13日(日)、梅雨前線が九州南部に停滞し、次第に南下するでしょう。高気圧は日本のはるか東に離れ、全国的に雲が多くすっきりしない天気となる見込みです。沖縄はにわか雨があり、九州南部で雨脚が強まる恐れがあります。次第に雨がやんでも雲が残るでしょう。四国~近畿は雨の降る所が多く、東海や北陸でも雨の降る所がある見込みです。関東~東北南部は日差しの届く所があるでしょう。その他の地域も折りたたみ傘があると安心です。

週明け14日(月)~16日(水)は、梅雨前線が南西諸島近海~日本の南に停滞し、全国的にすっきりしない天気が続くでしょう。14日(月)、沖縄~東日本は雨の降りやすい天気で、北日本は日差しの届く所がある見込みです。15日(火)~16日(水)は、南西諸島で雨が降りやすく、東・北日本日本海側で日差しが届くでしょう。15日(火)は、関東付近も雨が降る見込みです。