「医療的ケア児」への支援法成立

保育所、学校に看護師配置

©一般社団法人共同通信社

 たんの吸引などが必要な「医療的ケア児」や家族に対する支援法が11日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。保育所や学校への看護師らの配置や、全国に支援拠点を設置することが柱。超党派による議員立法で、適切な対応を取ることを国や自治体の責務と明記した。田村憲久厚生労働相は同日、看護師らの配置について「体制の整備に力を尽くしていく」と強調した。

 自宅で暮らし、人工呼吸器を使うなどして医療的ケアが必要な子どもは全国に約2万人いるとされる。教育現場での受け入れ体制が不十分で、家族が世話のために離職せざるを得ないことなどが課題となっている。