初夏を迎えた狼渡草原 甘粛省定西市

©新華社

初夏を迎えた狼渡草原 甘粛省定西市

8日、狼渡草原で草を食べたり水を飲んだりしている馬たち。(小型無人機から、定西=新華社配信/王克賢)

 【新華社蘭州6月11日】初夏を迎え、中国甘粛省定西市岷(みん)県の狼渡草原では、豊かな緑や爽やかな空気、牛馬の行き交う風景が多くの観光客を引き付けている。同草原は青海チベット高原東部と秦嶺山脈西縁部の中間地帯に位置し、平均標高2600メートルの高地であることから、夏でも快適に過ごすことができる。

初夏を迎えた狼渡草原 甘粛省定西市

8日、狼渡草原で草を食べる家畜。(定西=新華社配信/王克賢)

初夏を迎えた狼渡草原 甘粛省定西市

8日、空から見た狼渡草原の景色。(小型無人機から、定西=新華社配信/王克賢)

初夏を迎えた狼渡草原 甘粛省定西市

8日、狼渡草原で乗馬を楽しむ観光客。(定西=新華社配信/王克賢)

初夏を迎えた狼渡草原 甘粛省定西市

8日、狼渡草原で草を食べる馬たち。(定西=新華社配信/王克賢)

初夏を迎えた狼渡草原 甘粛省定西市

8日、狼渡草原を散策する観光客。(定西=新華社配信/王克賢)