倉野尾成美&岡部麟&小田えりなが大活躍! AKB48チーム8全国ツアーラスト3公演に密着

©株式会社東京ニュース通信社

テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメでは、6月25日に「AKB48チーム8のあんた、ロケロケ!ターボ」(3カ月に一度の第4金曜午後10:00)を放送。「チーム8全国ツアー~47の素敵な街へ~」から、熊本、茨城、神奈川のラスト3公演に密着し、メンバーの素顔を映し出す2時間スペシャルでおくる。

まず、5月1日に行われた熊本県公演では、熊本県代表の倉野尾成美に完全密着。待ちに待った熊本コンサートに臨む倉野尾が本番に懸ける思いはもちろん、普段はあまり見せることのない素の姿を収めている。さらに、コンサートの翌日、チーム8で一番の盟友・横山由衣(青森県代表)と2人っきりの“馬刺しトーク会”を開催。コンサートの裏話をもちろん、これまで語ることのなかった感動秘話も飛び出し、2人が号泣する一幕も。

続いて、5月4日の茨城県公演では、茨城県代表として活躍するだけでなく、チームAキャプテンとしてもAKB48を引っ張る岡部麟へのサプライズを敢行。この公演には出演しない下尾みう(山口県代表)が仕掛け人となり、出演メンバーとの2ショット写真を岡部に気付かれずに撮影。コンサート終わりに、岡部へメンバーからのメッセージを届けるミッションだ。リハーサルや休憩中はもちろん、コンサート本番中も、怒られること覚悟で、下野が孤軍奮闘。岡部にバレるピンチを何度も乗り越えながらのチャレンジは無事成功するのか?

最後は、14年12月石川県公演を皮切りに、足掛け6年半にわたる全国ツアーのファイナルとなる5月23日の神奈川県公演に潜入する。メンバーの楽屋のそばに豪華差し入れと定点カメラをセッティングし、差し入れにつられてノコノコとやって来たメンバーをお笑い芸人・なすなかにしが捕獲。全国ツアーファイナルへの意気込みやチームへの思いをインタビューしていく。そして、インタビューのコメントを基に、誰が一番「あんロケ」を愛しているかを計る「あんロケ愛選手権」をこっそり実行。一番ポイントの高かったメンバーには、賞品として次回そのメンバーの出身県でロケをする権利が送られる。

すると、神奈川県代表の小田えりなは、さすが地元公演の主役と言わんばかりの切れ味抜群の意気込みを披露。ほかにも、小栗有以(東京都代表)、岡部、大西桃香(奈良県代表)など主要メンバーが続々と個性的なアピールを見せていく。さらに、韓国のグローバルガールズグループ・IZ*ONEとしての活動を終え、2年半ぶりにチーム8に戻ってきた本田仁美(栃木県代表)にも直撃インタビュー。本田が語るツアーファイナルへの思いとは? そして、感動の全国ツアー47都道府県完全制覇を達成した直後の興奮冷めやらぬメンバーに、番組からの“おめでとうプレゼント”が登場する。