千葉県 新型コロナ 新たに113人感染 インド型変異株への監視強化

©千葉テレビ放送株式会社

千葉県 新型コロナ 新たに113人感染 インド型変異株への監視強化

 千葉県などによりますと、新たに感染が確認されたのは10歳未満から80代の男女合わせて113人で、死者はいませんでした。

 県内の感染者の累計は3万8220人、死者はこれまでに693人確認されており、11日午後1時現在の重症者は18人となっています。

 なお、県は変異株のスクリーニング検査の対象について、N501Yの変異を持つイギリス型からL452Rの変異を持つインド型に変更したと発表しました。

 検査は10日から県衛生研究所などで順次始まっているということです。

 県はN501Yの変異を持つ株への置き換わりが8割以上に達しているとした上で、L452R変異への監視体制を強化するよう国から協力要請があったと説明しています。