西5―6中(11日)

中日が交流戦勝ち越し

©一般社団法人共同通信社

3回中日無死二塁、大島が中前に先制打を放つ=メットライフドーム

 中日が7年ぶりの交流戦勝ち越しを決めた。三回に大島の適時打などで2点を先行し、四回に2失策に乗じて3点、七回も失策で1点を加えた。大野雄は7回3失点で3勝目。西武は守備が乱れ、終盤の追い上げも届かなかった。

この記事はいかがでしたか?