眞子さまと小室圭さん、皇室関連行事は出禁に? 「早く結婚してほしい」皇室ウォッチャーが"秋篠宮さまのご決断"を考察

©株式会社サイゾー

小室圭さんがアメリカ・ニューヨーク市にあるフォーダム大学ロースクールを5月23日に卒業した。今後のスケジュールとして7月にニューヨーク州の弁護士試験を受験する予定だが、その後は眞子さまとの結婚に向けてのカウントダウンが加速する可能性がある。

先日公開された「小室文書」で「金銭問題についての釈明は終わった」というスタンスの小室家と、眞子さまとの結婚を心から祝福したい国民の溝は埋まっていないようだが、今後の展開は? いばらの道を突き進む小室家と、巻き込まれてしまった秋篠宮家の関係、そもそも女性皇族の婚約者に必要な資質はあるのか? 皇室ウォッチャーX氏に解説してもらった。

年内には結婚問題が決着へ、結婚後は秋篠宮家と小室家は絶縁状態に

――小室圭さんがロースクールを卒業されました。渾身の小室文書も文量が多いだけで、当事者である秋篠宮家も国民も「十分な説明がなされていない」という思いが強いと思います。このままでは帰国しても小室さんは針のむしろ状態かと思いますが、今後の小室さんの就職先や眞子さまとのご結婚スケジュールなどは、どのような流れになりそうでしょうか?

皇室ウォッチャーX氏(以下、X) 年内には結婚問題が決着すると予想しています。小室さんは5月末にロースクールを卒業し、7月末にアメリカ・ニューヨーク州の司法試験を受験。彼の実力なら合格は堅いでしょう。また、眞子さまと小室さんは今年の秋ごろの結婚を見据えて動かれているのは、ほぼ間違いありません。

注目すべきは彼の帰国時期ですね。今年のニューヨーク州司法試験はオンラインで受験可能なので、帰国してからでも受けられます。お二人は結婚関連の儀式を行うはずなので、針のむしろになろうと小室さんは夏中には強行帰国し、今秋結婚されるのではないでしょうか。彼の就職先はいろいろとうわさはありますが、おそらく以前日本で勤務していた法律事務所か関連企業に落ち着くかと思います。留学時に生活費用を工面してもらっていたからです。

――秋篠宮さまと眞子さまの関係が、小室家により悪化しているという印象を多くの国民が持っていると思います。今後その関係を、小室さんが主体となり回復できる可能性はありますか?

X 難しいかと思います。以前の眞子さまと秋篠宮さまはとても仲のいい父娘でしたから、双方とも関係の修復を望まれていることでしょうが、秋篠宮さまの小室さんに対する評価は地に落ちており、今後上がることはないと言い切れます。

殿下は、小室さんの母親が元婚約者との間にある金銭トラブルについて「相応の対応を」と再三言及されていたのに、それを放置してきた彼には、失望という言葉では言い表せない感情をお持ちだと思います。

殿下も本当は、眞子さまを小室家に嫁がせたくない思いでしょうが、眞子さまのお気持ちが固いため、諦めておられる。結婚後は秋篠宮家と小室家は絶縁状態になるでしょうから、小室さんが主体となっての関係回復はないでしょう。

――上皇の長女・紀宮さまは東京都職員、高円宮家の次女・典子さまは出雲大社の権宮司、同じく高円宮家三女・絢子さまは日本郵船勤務の会社員の方と結婚され、皇族の血縁となる男性は社会的地位や経済基盤が安定している方たちという印象があります。結婚は当事者同士の意見が第一ですが、皇族と結婚する一般国民の資質について、皇室、宮内庁を含めて共通見解や基準が存在するのでしょうか。

X 皇族の結婚相手に「基準」といったルール的なものは存在しません。極端に言えば「誰とでも結婚できる」ということです。戦前の皇族は華族など、由緒正しく社会的地位の高い人との結婚が多かったので、あえて基準を作る必要がなかったことから、現在も続いている慣習的なものなのだと思います。

近代皇室になってからは、ご両親やごきょうだいの紹介で一般の方との結婚が増えました。とはいえ、みなさん一般といえど、それなりの社会的地位と経済基盤がある人たちです。そういった人たちと比べると、小室さんは皇族と結婚する意味を理解できていないのか、アメリカ留学していまだに定職には就かず、金銭トラブルへの対応も遅かった。国民からの信頼も失墜しており、前代未聞の事態となっています。今後、女性皇族の結婚相手は、これまで以上に身体検査が厳しくなるかもしれません。

――小室さんは皇位継承順位第1位である皇嗣秋篠宮さまの長女とご結婚することになります。いまだ"無職"である小室さんは、その結婚相手としての資質に値すると言えるのでしょうか。

X 皇族の結婚相手が「無職ではダメ」ということはありませんが、国民感情としては複雑でしょう。結婚相手の資質は測れないものですが、少なくとも「国民からの信頼を得て、皇族を幸せにしてくれる存在なのか」という点は非常に大切だと思います。

皇室で生まれ育った眞子さまのことを、国民は遠い親戚のように見守り続けてきました。また、皇室は国民の税金から成り立っている面もあります。そんな眞子さまの結婚相手が信頼できないし祝福できない男性であれば、「皇族の結婚相手としての資質がない」と考えてもいいかもしれません。

――眞子さまと小室さんが結婚に至った場合、秋篠宮家にもかなりのダメージがあるかと思うのですが。

X 先ほども述べた通り、結婚は強行的にされるでしょうね。この結婚問題に対する国民からの批判が収まることは、今後ないでしょう。もっと早く、小室さんが金銭トラブルへの対応を行い、秋篠宮さまへの謝罪や、会見などで国民に対して自分の気持ちを表明していたら、状況は変わっていたと思いますが。

次の天皇家となる秋篠宮家としては、むしろ早く眞子さまには結婚して皇室から離れてほしいという気持ちだと思います。なぜなら、眞子さまが皇室にいる限り、税金からなる皇族費として毎年900万円分、警備費用などを加えるとゆうに1000万円以上のお金が眞子さまにかけられているからです。お二人の結婚が批判される理由として、1億5000万円に上る一時金支給の問題もあるので、早めに皇室を離れて皇族費の支出を抑えたいと、秋篠宮さまは考えていらっしゃると思います。

結婚後は、批判の種とならぬよう、園遊会などの皇室関連行事に眞子さまと小室さんを出席させることはないでしょう。通常であれば、元皇族やその配偶者は参加できるものでも、殿下は苦渋の決断で“出禁”を命じられると思います。