怖っ!深夜にホテルで寝ていた女性、目を開けると見知らぬ男が立っていた…―中国

©株式会社 Record China

中国黒竜江省のホテルで女性が一人で就寝していたところ、突然、見知らぬ男が部屋に現れる事件があった。中国メディアの看看新聞が8日付で伝えた。

事件があったのは同省双鴨山市の雨順ホテル。ベッドで寝ていた女性が午後11時過ぎに目を覚ましたところ、室内で見知らぬ男が立っているのを発見。「何をしているの?」と尋ねると、男は「窓を修理していました」と返答。パニックになった女性が声を荒らげると、男は窓から逃げていったという。

部屋の扉には鍵をかけており、男は窓を壊して侵入したと見られる。また、女性が確認したところ、その日にホテルが窓の修理を行う予定はなかった。

女性の部屋は1階だったが、窓に防犯用の格子は付いていなかった。ホテルによると、以前は格子を設置していたものの、消防による点検で避難時に支障をきたすとして撤去するよう求められたという。

ホテル側はその場で女性に謝罪し、後日、事件の影響で体調を崩したという女性の元を改めて見舞いに訪れた。そして、賠償として同ホテルの部屋を無料で使用できることを提案したが、女性は同意しなかったという。

ホテルの支配人は「誰もこのような事件の発生は望んでいませんが、私たちは責任逃れをするわけにはいきません。彼女は心臓の具合が悪いといっていました。病院での診察をご希望なら電話を残しておいてくださいと伝えました。支配人としておわびします。またお越しいただけるのであれば無料にいたします」と語った。

ネット上では事件をめぐり「怖すぎる」「驚きすぎて死んじゃいそう」「心臓病になる。トラウマにも」「女性が一人で泊まるなら高めのホテルが良い」との声や、「1階に格子がないとか防犯意識がまるでなし」「消防もおかしいんじゃないか」との声も上がっている。

事件について地元の警察が捜査し、逃げた男の行方を追っているという。(翻訳・編集/北田)