西7―3中(12日)

西武、一回に6得点

©一般社団法人共同通信社

お立ち台で笑顔を見せる西武の(左から)呉念庭、栗山、今井=メットライフドーム

 西武が一回に6点を挙げて主導権を握った。呉念庭の適時内野安打で先制し、スパンジェンバーグの3点三塁打などで一気に畳み掛けた。今井は走者を背負いながらも粘って7回2失点で4勝目。中日は先発の岡野が立ち上がり乱れた。