ヨシムラSERTがトップ、TSRホンダは4周差。一時2番手のYARTヤマハがリタイア/2021EWC第1戦ル・マン24時間 12時間経過後

©株式会社サンズ

 6月12~13日、フランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで開催されているFIM世界耐久選手権(EWC)2021シーズン第1戦ル・マン24時間耐久ロードレースが現地時間12日正午にスタートしてから12時間が経過した。現在トップはヨシムラSERT Motulで、2番手が4ラップ遅れのF.C.C. TSR Honda France、3番手は5ラップ遅れのWEBIKE SRC KAWASAKI FRANCE TRICKSTARが続いている。

2021EWC第1戦ル・マン24時間 スタートシーン

 46台が出場し、ドライコンディションとなった決勝レースで、ホールショットを奪ったのはBMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAMのマーカス・ライターベルガー。ポールスタートだったYART – Yamaha Official Team EWC(YARTヤマハ)のカレル・ハニカはエンジンがすぐにかからずにスタートで出遅れてしまい15番手にポジションを下げた。

 オープニングラップでは2コーナーで3台が絡むクラッシュが起き、セーフティカーが導入される。4周目にレースが再スタートされ、トップからヨシムラSERT Motul、BMWモトラッド、VRD IGOL EXPERIENCES、TATI TEAM BERINGER RACING、F.C.C. TSR Honda France(TSRホンダ)と続く。

2021EWC第1戦ル・マン24時間 スタート後のセーフティカーラン

 直後にBMWモトラッドが最終コーナーで転倒して、20番手付近までポジションを落とす。ピットに入るがトラブルはすべて修復できず40番手付近でコースに復帰した。

 スタートから13周目に5番手だったVRD IGOL EXPERIENCESはトラブルでピットインする。3分程ロスしてコースインしたが、白煙を上げたため再度ピットに入り44番手までポジションを落とした。

 その後、順位の入れ替えもあるが、ヨシムラSERT Motul、YARTヤマハ、TATI TEAM BERINGER RACING、WEBIKE SRC KAWASAKI FRANCE TRICKSTAR(SRCカワサキ)、TSRホンダの順となる。

 最初のルーティンでのピットインは7番手を走っていたERC Endurance Ducati(ERCドゥカティ)で、スタートから48分、28周目だった。上位勢では約53分でSRCカワサキが32周目、続いてTSRホンダが33周目、YARTヤマハとヨシムラSERT Motulが34周目にピットインした。

 スタートから1時間を過ぎるとヨシムラSERT Motul、YARTヤマハ、TATI TEAM BERINGER RACING、SRCカワサキ、TSRホンダの順となり、ERCドゥカティは10番手を走行している。

ERC Endurance Ducati/2021EWC第1戦ル・マン24時間

 7番手まで浮上していたERCドゥカティのルイ・ロッシが、1時間27分が過ぎた時点で転倒してピットイン。修復後にピットアウトしようとするがエンジンがかからず、再びガレージで修理し40番手でコースに戻った。

高橋裕紀(F.C.C. TSR Honda France)/2021EWC第1戦ル・マン24時間

 1時間49分を過ぎると、2度目のピットインとなる。SRCカワサキが65周目、TSRホンダが68周に入り高橋裕紀にチェンジして初走行。ヨシムラSERT MotulとYARTヤマハは69周目に入った。

 スタートから2時間を過ぎるとトップはYARTヤマハ、2番手がヨシムラSERT Motulへと入れ替わる。また、3番手争いもSRCカワサキ、TATI TEAM BERINGER RACINGへと変わり、TSRホンダが5番手を維持した。

 しかし、その後に4番手を走っていたTATI TEAM BERINGER RACINGが緊急ピットイン。トラブルを解決してコースインした様子だったが、アウトラップで再度ピットインして修復で計10分程ロスした後、33番手でコースに戻った。

 2時間45分、3番手のSRCカワサキが3度目のピットイン。そのタイミングでトップのYARTヤマハが4番手を走るTSRホンダの高橋を周回遅れにしていた。

 2時間52分、同タイミングでピットインしていたヨシムラSERT MotulとYARTヤマハだったが、3度目のピットではYARTヤマハが103周目に先にピットイン。TSRホンダも103周目に入り、ヨシムラは105周目まで伸ばした。

WEBIKE SRC KAWASAKI FRANCE TRICKSTAR/2021EWC第1戦ル・マン24時間

 その後、SRCカワサキが緊急ピットイン。フロントブレーキを修復して4番手から9番手へとポジションを落とした。

 3時間が過ぎるとトップは107ラップで同一周回のヨシムラSERT MotulとYARTヤマハ、1周遅れのTSRホンダと続く。トップの2台はテール・トゥ・ノーズで走行。4度目のピットインでは、139周目にYARTヤマハ、140周目にヨシムラSERT Motulが入った。

 4時間50分、5度目のピットインではTSRホンダが直前でガス欠となりマシンを押しながら172周目、YARTヤマハが174周目、ヨシムラSERT Motulが175周目に入った。

 4時間、そして5時間が過ぎても、トップのヨシムラSERT Motulと2番手のYARTヤマハはほぼ差はないが、3番手のTSRホンダは2ラップダウンとなった。以下はMOTO AIN、5番手の3ART BEST OF BIKEは転倒で順位を大きく落とし、SRCカワサキが5番手に浮上した。

 5時間45分過ぎに6度目のピットを迎え、YARTヤマハが208周目、3ラップダウンとなった3番手のTSRホンダが207周目、ヨシムラSERT Motulが211周目に入った。

 6時間が過ぎた時点の順位は215周のヨシムラSERT Motulがトップ、YARTヤマハとは30秒差を広げており、TSRホンダは3周遅れ、SRCカワサキは4周遅れとなった。また、一時は44番手となったBMWモトラッドは10番手、40番手だったERCドゥカティは15番手まで浮上した。

 6時間40分を過ぎると、一時4番手だったMOTO AINがコースに復帰できずリタイア、一時5番手だった3ART BEST OF BIKEもリタイアとなる。

 その後、YARTヤマハが243周、TSRホンダが241周とほぼ同タイミングで7度目のピットイン。ヨシムラSERT Motulも数分後に246周目にピットインしているが、7時間経っても順位に変動はない。

BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAM/2021EWC第1戦ル・マン24時間

 7時間を過ぎると8番手まで追い上げていたBMWモトラッドがマシンをガレージに入れ、パーツを多数交換。8分程ロスをしたが11番手でコースに復帰した。

 7時間40分を過ぎると8度目のピットインとなり、YARTヤマハが277周、TSRホンダも同一タイミングで275周で入る。またもヨシムラSERT Motulはスティントを伸ばし282周目となった。

 8時間40分頃、YARTヤマハが311周目に9度目のピットイン。その後、TSRホンダが310周目、10分遅れでヨシムラSERT Motulが318周目に入った。

 9時間が経過し、トップが323周のヨシムラSERT Motul、2番手が約30秒差のYARTヤマハ、3番手が4ラップダウンのTSRホンダ、4番手が5ラップダウンのSRCカワサキ、5番手が10ラップダウンのTeam Bolliger Switzerland #8と順位は変わらないが、6番手でSSTクラストップはNational MotosからOG MOTORSPORT BY SARAZINへと変わった。

 10回目のピットは9時間35分でYARTヤマハが345周目、5分後にTSRホンダが344周目、12分遅れでヨシムラSERT Motulが353周目に入った。その後、11周走った2番手のYARTヤマハが356周目にエンジントラブルで長時間ピットインし、10時間を過ぎた時にTSRホンダが2番手、SRCカワサキが3番手に浮上した。

 10時間25分、TATI TEAM BERINGER RACINGが7コーナーで転倒しコース上にマシンが残り、セーフティカーが導入される。セバスチャン・スーシェはマシンを起こし再スタートを切っている。6分間セーフティカーランが行われ、10時間31分に再スタートされた。

 夜が更けて暗くなった10時間40分、TSRホンダが379周目に11回目のピットインをして、高橋裕紀が4度目の走行を開始。その12分後にヨシムラSERT Motulが390周でピットに入った。

エンジントラブルでリタイアしたYART – Yamaha Official Team EWC/2021EWC第1戦ル・マン24時間

 11時間が過ぎると、BMWモトラッドは5番手、ERCドゥカティも8番手まで追い上げている。1時間20分程マシンの修復作業を行っていたYARTヤマハはリタイアとなった。

 11時間40分が過ぎ、414周目にTSRホンダが12度目のピットイン。ヨシムラSERT Motulは11時間55分で427周目に入る。

YOSHIMURA SERT MOTUL/2021EWC第1戦ル・マン24時間

 レースが折り返しに入るタイミングでは、1番手が428周目のヨシムラSERT Motul、2番手が4ラップ遅れのTSRホンダ、3番手が5ラップ遅れのSRCカワサキ、4番手と5番手が12ラップ差のTeam Bolliger Switzerland #8とBMWモトラッド。ERCドゥカティが8番手で、SSTクラストップは6番手のOG MOTORSPORT BY SARAZINだ。9台リタイアしたため、36台で残りの12時間レースを戦う。