『ドラゴン桜』第8話 “楓”平手友梨奈に“桜木”阿部寛「今のお前に東大は無理だ」

©ブロードメディア株式会社

ドラマ『ドラゴン桜』第8話より(C)TBS

俳優の阿部寛主演のドラマ『ドラゴン桜』(TBS系/毎週日曜21時)第8話が今夜13日に放送される。

東大合格者が5人出たら学園は売却される…。桜木(阿部)宛に送られてきたファイルから、先代理事長・恭二郎(木場勝己)による久美子(江口のりこ)の理事長退任と学園売却計画が発覚。その背後には不穏な動きもあった。

最大の危機に見舞われる一方で、桜木は生徒7人にオーダーメイドの勉強法を伝授する。それぞれの学力を考慮した受験科類と選択科目の提案、それに合わせた攻略法だ。また、水野(長澤まさみ)からは夏休みを前に変わった対策法が伝授される。

そんな中、楓(平手友梨奈)は一人悩んでいた。その様子に気づく桜木。そして、アクシデントが楓を襲う…。

公式サイトで公開されている第8話予告では、楓が再びバトミントンに挑戦しようとする姿や、桜木が楓に「こいつは自分の弱さから逃げてる」「今のお前に東大は無理だ」「もう辞めろ。専科はクビだ」と言い放つ厳しい場面も。楓は果たして――。

ドラマ『ドラゴン桜』はTBS系にて毎週日曜21時放送。

この記事はいかがでしたか?