Cocomi「独り言が多い。恥ずかしいです」 さんま企画プロデュース映画舞台あいさつ

©ブロードメディア株式会社

映画『漁港の肉子ちゃん』公開記念舞台あいさつに出席したCocomi クランクイン!

Cocomiが12日、明石家さんまが企画・プロデュースを務める劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』公開記念舞台あいさつに出席。声優を務めたキャラクターと似ている点を聞かれ、「独り言が多い」「恥ずかしいです」と明かした。

直木賞作家・西加奈子による同名ベストセラー小説をアニメ化した本作は、漁港の船に住む2人きりの母娘、肉子ちゃんとキクコのハートフルコメディー。イベントには、明石家さんまCocomi花江夏樹、石井いづみ、下野紘渡辺歩監督が出席した。

本作を企画・プロデュースしたさんまは「今の気持ちは、初日を迎えてこれだけの人が来ていただいて感謝」とした上で、「ですけれども、この間、おいでやすこがのこがけんが『映画でプロデューサーが前に出る映画は絶対に面白くない』って言ってたんで、今日は控えめにいかせていただきます」とコメント。

「主役とプロデューサーが前に出る映画は、それを見るだけで面白くないと思うらしいんですよ。『こういう機会があったらさんまさん控えるように』とこがけんから強く言われてますので、プロデューサーらしく立ち振る舞いたいと思います」と後輩芸人の言葉を従順に受け止め、笑いを誘った。

キクコの声を演じたCocomiは、キクコについて「独り言が多いという点が自分と似てると思いました」と発言。自身については「すっごい独り言が多い人。一人でベラベラベラベラ言っちゃって、恥ずかしいです」と言うと、さんまも「(Cocomiの)妹さんが原作を読んで『お姉ちゃんにそっくり』と思ったらしいんです」と、Cocomiの妹でモデルのKoki,の言葉を明かした。

花江は、自身が演じたキャラクター・二宮について「僕、普段すごく声ちっちゃいんです。二宮も『肉子ちゃん』に出てくるキャラの中で一番声ちっちゃいくらいぼそぼそしゃべってたのでやりやすかったですね」と回顧。さんまが「プロデューサーとしては炭治郎でやってほしかったんですけど」と花江が大ヒットアニメ『鬼滅の刃』で演じる竈門炭治郎の声に期待していたことを明かすと、花江は「この世界には全然合わないですね」と笑った。