「代案が功を奏した」と予選2番手のトヨタ8号車ブレンドン・ハートレー/WECポルティマオ

©株式会社サンズ

 ポルトガル南部のポルティマオ近郊に位置するアルガルベ国際サーキットで6月12日に行なわれたWEC世界耐久選手権第2戦ポルティマオ8時間レースの公式予選で、トヨタGAZOO Racing(TGR)のGR010ハイブリッドは8号車が2番グリッド、7号車が3番グリッドを獲得した。

 開幕戦スパを制したセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレーの8号車GR010ハイブリッドは、ハートレーのアタックによりチェッカー目前にタイムを更新し、トップのアルピーヌ・エルフ・マットミュート36号車アルピーヌA480・ギブソンからわずか0.094秒おくれの1分30秒458をマーク。

 ディフェンディング・チャンピオンであるマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペスの7号車GR010ハイブリッドはコンウェイがアタックし、トップと0.176秒差で3番手となった。

 今回のレースではGR010ハイブリッドに26kgの最低重量増加、および最高出力と使用可能エネルギー制限という性能調整が施された。これにより、TGRは同じカテゴリーのアルピーヌ、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスだけでなく、LMP2クラスの車両とも僅差のラップタイムで争うこととなった。

 10分間のハイパーカー&LMP2クラス予選は、目まぐるしく順位が入れ替わるものとなった。

 ニュータイヤを装着してコースインした7号車のコンウェイは、最初に残したタイムがトラックリミット違反により抹消。オールドタイヤでアタックした8号車コンウェイは、上位タイムに届かずこの時点では5番手となっていた。その後、2周のアタックを経てコンウェイが2番手にポジションアップした。

 セッションの残り時間が少なくなっていくなか、2台のGR010ハイブリッドはいったんピットへと戻り、ニュータイヤへと交換。最後の一発アタック、ハートレーはチェッカーを受ける最終ラップで自身のベストラップを更新、7号車をかわして2番手に浮上した。コンウェイはここでのベストラップ更新はならず、3番手で予選を終えた。

 8時間の決勝レースは、現地時間13日(日)11時(日本時間19時)にスタートが切られる。なお、トヨタにとって今回のポルティマオ戦は、1983年の富士1000kmレースにグループCカーでデビューして以来、100戦目のメモリアルレースとなる。

 第2戦の予選アタックを担当した2名のドライバーのコメントは、以下のとおりだ。

■最後のアタックが「時間切れ」となった7号車

ポルティマオでのGR010ハイブリッドには、参戦100戦を記念したステッカーが貼られる

・マイク・コンウェイ(7号車GR010ハイブリッド:予選3番手)
「非常に接近した予選セッションだったが、もう少し良いタイムを出せたと思っているので少し残念だ」

「GR010ハイブリッドのポテンシャルをすべて引き出すことはできなかった。最初のアタックではトラックリミット違反を取られてしまったが、次のアタックラップでさらにタイムを更新するつもりだったのであまり気にしていなかった」

「新品タイヤに交換し、ポール獲得へ向けた再アタックに出たが、グリップを最大に発揮できるまでにはもう少し時間が必要だったようだ」

「それでも、LMP2カーより前のポジションへ出ることができたのはよかったと思うし、決勝レースでのスタートが少し楽になるだろう。決勝レースでは、我々GR010ハイブリッドが競争力を持っていることは分かっている」

「差は非常に小さく、どの車両にもチャンスがあるが、可能な限り上位でフィニッシュすべく頑張る」

7号車GR010ハイブリッドのアタックを担当したマイク・コンウェイ

・ブレンドン・ハートレー(8号車GR010ハイブリッド:予選2番手)
「我々は新しいハイパーカーでまだ経験を積んでいる最中で、いろいろなことを試している」

「練習走行中、新品タイヤで苦戦したので、最初のアタックは一度走行したタイヤで挑んだ。この作戦がうまくいかなかったときの代案も用意してあり、それが今回は効を奏した」

「最後のアタックはプレッシャーもあったが、なんとかタイムが更新できて満足している。最前列グリッドを獲得できたのはチームの作戦とチームワークのお陰だ」

「本当に僅差だったので、ポールポジションも獲得可能だったとは思うが、最終的にはアルピーヌのものになった。彼らはよかったと思う」

「予選トップ3がコンマ2秒以内ということで、決勝レースも最後まで接近戦が続くと思うが、長いレースであるし、コース上の他の車両をかわしていくのも大変だ。LMP2カーともタイムが僅差なので、集中し、接触しないようミスなく戦うことが大事だ」

「8時間の決勝レースは、とても長い戦いになるだろう」

アルガルベ国際サーキットのパドックを歩くセバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/中嶋一貴