香港民主活動家の周庭氏が出所、「ゆっくり休みたい」 無許可集会扇動の罪で収監

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

香港で無許可集会を扇動した罪で約7カ月にわたり収監されていた、著名な民主活動家の周庭(アグネス・チョウ、24)氏が12日午前10時頃、香港の刑務所を出所した。

釈放された周氏は支持者や報道陣に迎えられたが、無言で友人の車に乗り込んだ。

支持者は周氏に「加油」(「がんばれ」の意味)と呼びかけた。この表現は、香港の抗議活動で繰り返し使われる掛け声となっている。

当局は周氏が早期に釈放された理由を明らかにしていない。

「苦しい半年と20日がようやく終わった」

周氏は12日午後、自身のインスタグラムに一面真っ黒な画像を投稿し、「苦しい半年と20日がようやく終わった」、「痩せて弱々しくなってしまったので、これからゆっくり体を休めたい」などと綴った。

周氏は2019年6月に香港政府の「逃亡犯条例」改定案に抗議し、デモを扇動したとして、2020年12月に禁錮10カ月の実刑判決を受けた。民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏は禁錮13カ月半、林朗彦(アイヴァン・ラム)氏は同7カ月を言い渡された。

黄氏と林氏は現在も収監されている。

別の著名な民主活動家の羅冠聰(ネイサン・ロー)氏は香港からイギリスに亡命した。

2020年6月30日には、香港の中国返還から23年となる7月1日を前に、香港での反政府的な動きを取り締まる中国の「香港国家安全維持法」が施行された。国家からの離脱、転覆行為、テロリズム、香港に介入する外国勢力との結託といった犯罪を犯した場合、最高で無期懲役が科される。

活動家たちは、香港の言論や集会の自由を損なうものだと主張しているが、中国側は香港に安定を取り戻すために必要だとしている。

周氏の支持者たちは、家族と国を守るために戦ったとされる中国の伝説的ヒロインにちなみ、周氏を「真のムーラン」と呼んでいる。また、「民主の女神」と呼ぶ人もいる。

(英語記事 Hong Kong activist Agnes Chow released from prison