【ランドクルーザー新旧維持費比較】トヨタ 新型ランドクルーザー300は現行モデルより自動車税が3万円も安い

©株式会社MOTA

2021年夏に発売見込みのトヨタ 新型ランドクルーザー300だが、現段階でわかっているのは搭載されるエンジンと内外装デザインのみ。サイズやスペック、さらには価格といった詳しい内容はいまだベールに包まれている状況である。明らかにされた情報から排気量は格段に小さくなったのだが、税金面を考えると日本のファンにとってはかなりの朗報である。そこで新旧ランドクルーザーの税金を比較していこう。

トヨタ 新型ランドクルーザー300[2021年6月10日(木)世界初公開] [photo:トヨタ自動車]

現行ランドクルーザー200の自動車税は軽自動車の8倍

4.7リッターから3.5リッターターボにダウンサイジングされる。現行モデルに搭載されているNAエンジンの走行性能も捨てがたいが維持費を考えると新型ランドクルーザー300に期待が高まる

現行ランドクルーザー200に搭載されているのは4.7リッターという大排気量エンジンである。となれば毎年5月ごろに自宅に届く自動車税は8万7000円と、かなりの高額なのだ。ちなみに軽自動車の自動車税は1万800円のため、8倍の税金が課せられているのだ。

対して新型ランドクルーザー300に搭載されるガソリンターボエンジンは3.5リッターのため5万7000円と現行モデル比で3万円も安く抑えられる計算となる。

重量税はかわらず4万9200円になる見込み

現段階では詳しいサイズは判明していないが、新型ランドクルーザー300は現行モデルと同等サイズとアナウンスされている

車検時にかかる重量税を見てみると、現行モデルの車両重量は2690kgあるため、重量税は4万9200円である。

新型ランドクルーザー300の重量は発表されていないため不明ながら、現在の日本の税制は2.6t以上のクルマの場合4万9200円のため、重量税に関しては現行モデルと同じなのである。

未だ新型ランドクルーザー300の重量、あるいはエコカー減税に対応となるのか? が不明な状況にある。そのため今回は自動車税と重量税の違いを見てきたワケだが、新型ランドクルーザー300は現行モデル比で年間3万円を節約できる計算となるのだ。

それだけに一早い日本市場への導入を期待したい。

【筆者:MOTA編集部】