川崎市が6396回分のワクチン廃棄

©一般社団法人共同通信社

 川崎市は13日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを保管していた超低温冷凍庫の温度が上昇する不具合があり、6396回分を廃棄することになったと発表した。