花咲れあ キュートな白猫衣装で「問題児」から革命児」に変身

©株式会社東京スポーツ新聞社

エプロン姿で写真集をアピールした花咲れあ

タレントの花咲れあ(21)が12日、ファースト写真集「はなびら」と電子限定「果実」(いずれも秋田書店)の発売記念イベントとプレス発表会を東京・秋葉原の書泉ブックタワーで開催した。

〝グラビア界の問題児〟と呼ばれてきた花咲だが、この日のイベントは定時にスタート。「もしや…」の不安を抱えながら登場を待つ報道陣の前に白猫をモチーフにしたキュートな姿で意気揚々と登場した。

〝遅刻魔〟花咲は舞台稽古で、共演者から「早くて15分、遅いと1時間待たされる。口ぐせは『すみません、道が混んでて』」嘆くほどの伝説を残している。しかも「注意しても繰り返す。しかも前回よりも遅れてくる」ことから〝問題児〟扱いされていたのだ。

当の本人は「両親から怒られたことがあまりなくて、行くだけで偉いと言われて育ってきた。だから、2時間は遅刻のうちに入らないと思っていた」と釈明。それでも「芸能界は結構厳しい」と30分前行動への意欲を語っていた。

プレス発表会では時には笑顔や冗談を交え、丁寧に取材に応じた。2作は「可憐な『はなびら」と上質を知る人のための「果実」』と説明。お気に入りは「シーツで身を包んだ生々しいショット」とアピールした。

遅刻グセ解消の兆しを見せた花咲が〝覚醒〟。「小悪魔ルックスとミニマムボディー(身長15センチ)」に秘められた〝魔力〟を全開した本作で、問題児から業界への革命児に変貌を遂げそうだ。