JO1、後輩グループ誕生の瞬間を見守る 豆原一成「刺激を受けました」

©株式会社マイナビ

グローバルボーイズグループ・JO1が13日、TBSで生放送されたサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』最終回に出演。後輩グループ誕生の瞬間を見守った。

『PRODUCE 101 JAPAN』は、韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」で放送された大ヒットサバイバルオーディション番組の日本版。最初の選考を通過した101人からスタートし、さまざまなミッションに挑戦し、熾烈な競争を経て最終デビューメンバーを選出する。すべての過程で“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者の国民投票で勝ち残る者が決定。2019年に行われた第1弾では、投票で選ばれた11人でJO1を結成し、2020年3月にデビューを果たした。

「SEASON2」もコンセプトはそのままに、様々なバトルを展開。デビューをかけた最終回には、田島将吾、木村柾哉、藤牧京介、西島蓮汰、西洸人、小池俊司、小林大悟、尾崎匠海、佐野雄大、太田駿静、後藤威尊、中野海帆、池崎理人、松田迅、飯沼アントニー、大久保波留、高塚大夢、仲村冬馬、許豊凡、寺尾香信、阪本航紀の21人が臨んだ。

ファイナルのデビュー評価では、2チームに分かれそれぞれのチームのオリジナル課題曲である「ONE」と「RUNWAY」をパフォーマンス。生放送中にも投票が行われ、最終順位発表で、1位 木村柾哉、2位 高塚大夢、3位 田島将吾、4位 藤牧京介、5位 尾崎匠海、6位 西洸人、7位 松田迅、8位 許豊凡、9位 池崎理人、10位 佐野雄大、11位 後藤威尊となり、この11人でデビューすることが決定した。

グループ名は「INI」(アイエヌアイ)で、「I(アイ)僕たちはI(アイ)あなたとNETWORK(ネットワーク)つながっていく」という意味が込められている。INIは、2021年内にデビューシングルを発売。センターは最終順位1位の木村が務める。

JO1は、21人のパフォーマンスを見守り、デビューメンバーが決定すると、11人を祝福するとともに、惜しくもデビューをつかめなかった10人にも拍手を送り、健闘を称えた。

デビュー評価のパフォーマンス後、コメントを求められた豆原一成は「練習生たちの熱い思いがステージから伝わってきました。すごく刺激を受けました。かっこよかったです」と語っていた。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT