ペンスキーの未勝利記録ストップなるか? ニューガーデンが今季初ポール【順位結果】インディカー第8戦デトロイト・レース2予選

©株式会社サンズ

 デトロイト・ベルアイルパークで開催されているNTTインディカー・シリーズ。13日に行われた第8戦の予選は、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)が今季初のポールポジションを獲得した。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、Q1を通過できず19番手からレース2に挑む。

 前日の第7戦決勝レースで、大クラッシュを喫し病院に搬送されたフェリックス・ローゼンクヴィストの代わりには、昨年までアロウ・マクラーレンSPのドライバーを務めていたオリバー・アスキューが急きょ参戦した。

 午前11時より予選がスタートし、前日と同じくふたつのグループに別れて10分間の走行が行われる。

 グループ1は、コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)がトップでファスト12に進出。グラハム・レイホールが2番手、サンティーノ・フェルッチが5番手とチームメイトたちが6番手以内に入ったが、佐藤琢磨は 番手となりQ1敗退となってしまった。

 グループ2は、リナス・ヴィーケイが1分15秒5845と速さを見せトップに立っていたが、最後にアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が1分15秒4664を記録してトップ通過。ロマン・グロージャンも3番手で前日に引き続きファスト12に進出。
前日、勝利をあと一歩のところで逃したウィル・パワー(チーム・ペンスキー)は、10番手と下位に沈んだ。

 12台でポールポジションを争うファスト12。まずはグロージャンが早々に1分16秒2827を記録する。各車スピードをアップしていき、ハータ、そして前日は速さを見せられなかったポイントリーダーのアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)が好タイムを記録しトップを奪い合う。

 若手が躍動する中、ニューガーデンが1分14秒台に突入すると、最後のアタックで1分14秒1094と圧巻のタイムを記録してトップを奪取。2番手にハータ、3番手にヴィーケイが入った。

 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)は、3番手のタイムをを記録するも、フェルッチのクラッシュによる赤旗掲示中の記録のため抹消され、6番手となった。

 ニューガーデンは昨年のアイオワ戦レース2以来、通算12回目のポールポジションだ。開幕から続くチーム・ペンスキーの未勝利記録にストップをかけることができるだろうか?

■NTTインディカー・シリーズ第8戦デトロイト・レース2予選総合結果

Pos. No. Driver Team Engine Time Session

1 2 J.ニューガーデン チーム・ペンスキー C 1’14.1094 Top 12

2 26 C.ハータ アンドレッティ・オートスポート H 1’14.4300 Top 12

3 21 R.ヴィーケイ エド・カーペンター・レーシング C 1’14.8180 Top 12

4 10 A.パロウ チップ・ガナッシ H 1’14.8432 Top 12

5 51 R.グロージャン デイル・コイン・ウィズ・RWR H 1’14.9060 Top 12

6 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ H 1’14.9231 Top 12

7 27 A.ロッシ アンドレッティ・オートスポート H 1’15.3524 Top 12

8 20 C.デイリー エド・カーペンター・レーシング C 1’15.4162 Top 12

9 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 1’15.4187 Top 12

10 22 S.パジェノー チーム・ペンスキー C 1’15.5294 Top 12

11 18 E.ジョーンズ デイル・コイン・レーシング H 1’15.9478 Top 12

12 45 S.フェルッチ レイホール・レターマン・ラニガン H 1’16.1146 Top 12

13 14 S.ブルデー A.J.フォイト・レーシング C 1’16.5387 Group 1

14 29 J.ヒンチクリフ アンドレッティ・スタインブレナー・オートスポート H 1’15.9533 Group 2

15 59 M.チルトン カーリン C 1’16.6085 Group 1

16 5 P.オワード アロウ・マクラーレンSP C 1’16.0805 Group 2

17 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 1’16.6456 Group 1

18 60 J.ハーベイ メイヤー・シャンク・レーシング H 1’16.1356 Group 2

19 30 佐藤琢磨 レイホール・レターマン・ラニガン H 1’16.8947 Group 1

20 12 W.パワー チーム・ペンスキー C 1’16.4386 Group 2

21 3 S.マクラフラン チーム・ペンスキー C 1’17.1815 Group 1

22 8 M.エリクソン チップ・ガナッシ H 1’16.5514 Group 2

23 7 O.アスキュー アロウ・マクラーレンSP C 1’19.1486 Group 1

24 4 D.ケレット A.J.フォイト・レーシング C 1’16.5805 Group 2

25 48 J.ジョンソン チップ・ガナッシ H 1’17.9838 Group 2