トヨタ7号車がレースをリード【途中経過】WEC第2戦ポルティマオ/4時間経過時点

©株式会社サンズ

  ポルトガル南部のポルティマオ(アルガルベ国際サーキット)で行なわれているWEC世界耐久選手権第2戦ポルティマオ8時間レースは、現地時間6月13日15時(日本時間23時)にレース折り返しとなる4時間が経過。

 4時間経過時点の計時リザルト(以下表組参照)では、見た目上のトップにアルピーヌ・エルフ・マットミュートの36号車アルピーヌA480・ギブソンが位置しているが、1スティントの長さの違いにより、トヨタGAZOO Racingの7号車GR010ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)が実質的な首位に立っている。

 アルピーヌはこの4時間が経過した瞬間にピットレーンへと向かっており、ピットアウト後はトヨタ2台の後ろとなる総合3番手を走行している。

 LMGTEアマクラスに参戦する日本籍チーム、Dステーション・レーシングの777号車アストンマーティン・バンテージAMRは、接触の影響からリタイアを喫している。

■2021WEC第2戦ポルティマオ決勝 4時間経過時点

Pos. No. Class Team Car Driver Tyre Laps

1 36 HYPERCAR アルピーヌ・エルフ・マットミュート アルピーヌA480・ギブソン A.ネグラオ
N.ラピエール
M.バキシビエール MI 152

2 7 HYPERCAR トヨタ・ガズー・レーシング トヨタGR010ハイブリッド M.コンウェイ
小林可夢偉
J-M.ロペス MI 152

3 8 HYPERCAR トヨタ・ガズー・レーシング トヨタGR010ハイブリッド S.ブエミ
中嶋一貴
B.ハートレー MI 152

4 28 LMP2 JOTA オレカ07・ギブソン S.ゲラエル
S.バンドーン
T.ブロンクビスト GY 150

5 38 LMP2 JOTA オレカ07・ギブソン R.ゴンザレス
A.F.ダ・コスタ
A.デビッドソン GY 150

6 22 LMP2 ユナイテッド・オートスポーツUSA オレカ07・ギブソン P.ハンソン
W.ボイド
P.ディ・レスタ GY 149

7 31 LMP2 チームWRT オレカ07・ギブソン R.フラインス
F.ハプスブルク
C.ミレッシ GY 149

8 34 LMP2 インターユーロポル・コンペティション オレカ07・ギブソン J.スミエコウスキー
L.デレトラズ
A.ブランドル GY 148

9 29 LMP2 ProAm レーシング・チーム・ネーデルランド オレカ07・ギブソン F.バン・イアード
G.バン・デル・ガルデ
J.バン・ウィタート GY 148

10 20 LMP2 ProAm ハイクラス・レーシング オレカ07・ギブソン J.マグヌッセン
A.フィヨルドバッハ
D.アンデルセン GY 147

11 1 LMP2 リシャール・ミル・レーシング・チーム オレカ07・ギブソン T.カルデロン
S.フローシュ
B.フィッセール GY 147

12 70 LMP2 ProAm リアルチーム・レーシング オレカ07・ギブソン E.ガルシア
M.ベッシェ
N.ナト GY 146

13 21 LMP2 ProAm ドラゴンスピードUSA オレカ07・ギブソン H.ヘドマン
J-P.モントーヤ
B.ハンリー GY 146

14 44 LMP2 ProAm ARCブラティスラバ リジェJS P217・ギブソン M.コノプカ
O.ウェッブ
T.ジャクソン GY 142

15 51 LMGTE Pro AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo A.ピエール・グイディ
J.カラド MI 142

16 52 LMGTE Pro AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo D.セラ
M.モリーナ MI 141

17 92 LMGTE Pro ポルシェGTチーム ポルシェ911 RSR-19 K.エストーレ
N.ジャニ
M.クリステンセン MI 140

18 91 LMGTE Pro ポルシェGTチーム ポルシェ911 RSR-19 G.ブルーニ
R.リエツ
F.マコウィッキ MI 140

19 98 LMGTE Am アストンマーティン・レーシング アストンマーティン・
バンテージAMR P.ダラ・ラナ
A.ファーフス
M.ゴメス MI 139

20 47 LMGTE Am チェティラー・レーシング フェラーリ488 GTE Evo R.ラコルテ
G.セルナジョット
A.フォコ MI 139

21 54 LMGTE Am AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo T.フロー
F.カステラッチ
G.フィジケラ MI 138

22 57 LMGTE Am ケッセル・レーシング フェラーリ488 GTE Evo 木村武史
M.イェンセン
S.アンドリュース MI 138

23 85 LMGTE Am アイアン・リンクス フェラーリ488 GTE Evo R.フレイ
M.ガッティング
M.ゴスナー MI 138

24 56 LMGTE Am チーム・プロジェクト1 ポルシェ911 RSR-19 E.ペルフェッティ
M.カイローリ
R.ペーラ MI 137

25 60 LMGTE Am アイアン・リンクス フェラーリ488 GTE Evo C.スキアヴォーニ
A.ピッチーニ
M.クレッソーニ MI 137

26 86 LMGTE Am GRレーシング ポルシェ911 RSR-19 M.ウェインライト
B.バーカー
T.ギャンブル MI 137

27 33 LMGTE Am TFスポーツ アストンマーティン・
バンテージAMR B.キーティング
D.ペレイラ
F.フラガ MI 136

28 88 LMGTE Am デンプシー・プロトン・レーシング ポルシェ911 RSR-19 D.バスティアン
M.ゼーフリート
J.アンドラウアー MI 136

29 83 LMGTE Am AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo F.ペロード
N.ニールセン
A.ロベラ MI 131

30 709 HYPERCAR グリッケンハウス・レーシング グリッケンハウス007 LMH R.ブリスコー
R.デュマ
R.ウエストブルック MI 107

31 77 LMGTE Am デンプシー・プロトン・レーシング ポルシェ911 RSR-19 C.リード
J.エバンス
M.キャンベル MI 88

32 777 LMGTE Am Dステーション・レーシング アストンマーティン・
バンテージAMR 星野敏
藤井誠暢
A.ワトソン MI 69

※リザルトは編集部集計