国吉と有吉がトレード

DeNAとロッテで成立

©一般社団法人共同通信社

DeNAの国吉佑樹投手、ロッテの有吉優樹投手

 DeNAの国吉佑樹投手(29)とロッテの有吉優樹投手(30)のトレードが成立し、14日に両球団から発表された。先発投手を求めるDeNAと救援投手を補強したいロッテの思惑が一致した。

 国吉は熊本・秀岳館高から2010年に育成ドラフト1位でDeNAに入団。今季は救援で18試合に登板し、1勝1敗、防御率5.16。球団を通じ「しっかり自分らしいパフォーマンスを発揮できるように頑張る」と語った。

 有吉は千葉・東金高から九州三菱自動車などを経て17年にドラフト5位でロッテ入団。今季は1軍登板なし。「横浜では求められる役割をしっかりと全うしたい」とコメントした。