戦略分かれたトヨタの2台「大変なレースで勝てて本当に最高の気分」と中嶋一貴/WECポルティマオ

©株式会社サンズ

 6月13日にポルトガル南部のポルティマオ近郊に位置するアルガルべ国際サーキットで行なわれたWEC世界耐久選手権の2021年第2戦ポルティマオ8時間レースでは、2&3番手グリッドからスタートを切ったトヨタGAZOO Racing(TGR)のGR010ハイブリッドは、大きなトラブルなく着実に8時間を走り抜き、トヨタにとって記念すべき世界耐久選手権参戦100戦目をワン・ツー・フィニッシュで飾った。

 今季より新たな時代を迎えたスーパーカーカテゴリーの争いは、WEC初開催となったポルトガルへ。TGRの2台は、ポールシッターとなったアルピーヌ・エルフ・マットミュートの36号車アルピーヌA480・ギブソンを交えた三つ巴の激戦を展開した。

 2番グリッドスタートの8号車GR010ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー)はブエミ、3番グリッドスタートの7号車GR010ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)はロペスが最初にステアリングを握り、序盤からPPスタートのアルピーヌ36号車を追った。

 燃料タンクの小さいアルピーヌは給油間隔がトヨタよりも短く、回数が多くなるが、ピット時の給油時間は短い。2台のGR010ハイブリッドは2時間経過直前にコンウェイとハートレーにドライバーチェンジ。トラフィックに苦しむハートレーをコンウェイがかわし、トップに立つ。

 レースのハーフウェイとなる4時間が過ぎた時点でGR010ハイブリッドの2台はアルピーヌ36号車をかわし、7号車可夢偉と8号車一貴が約10秒差での首位争いを展開する。

 その後導入されたセーフティカーにより、トップ3台の差は再び縮まることに。残り2時間半でレースが再開されると、ロペスへと交代した7号車が首位をキープ。ブエミへと交代し、燃料をセーブする作戦を採る8号車が2番手に続いた。

 レースは残り30分のところでフルコースイエローが出され全車がスローダウン。ここで7号車は燃料スプラッシュを行なうと、最後までピットなしで走り切る作戦の8号車の3秒後方でコースに復帰。一度はロペスが前に出るもブエミがこれを抜き返し、8号車が今季2勝目を挙げた。

 ワン・ツー・フィニッシュを受け、TGRの村田久武WECチーム代表は次のようにリリースでコメントしている。

「トヨタにとって記念すべき世界耐久選手権100戦目において、ワン・ツー・フィニッシュという最高の形で勝利を飾ることができました。ドライバー、エンジニア、メカニックの素晴らしい仕事に感謝しています」

「我々はこの勝利のために激しい戦いを繰り広げました。それは3台のハイパーカーがコンマ数秒を争うエキサイティングなレースでした。誰にも失敗が許される状況ではありませんでしたが、ミスなく、ワンチームとなって努力できたことをうれしく思います」

「素晴らしい予選に続いて決勝でも勝利に向かって果敢に挑戦を続けたアルピーヌチームは素晴らしかったと思います。また、初めてとなったグリッケンハウスチームとの戦いも楽しむことができました。今後も彼らとの戦いを楽しみにしています。ハイパーカークラスがいよいよ本格的に動き出し、ファンの皆様には今後のレースでもたくさんの手に汗握るような接戦を楽しんでいただくことができると思っています」

トヨタGR010ハイブリッドとグリッケンハウス007 LMH

「これまでポルティマオでは多くのテストを行なってきましたが、ポルトガルでのWECは今回が初開催となりました。現在のような状況の中で、各参戦チームを快く迎え、安心安全なイベントを準備、開催してくれたすべての関係者に感謝いたします」

「次戦のモンツァは1992年、我々が世界耐久選手権で初優勝した思い出の舞台であり、また良いレースをして、その時と同じ結果を迎えられるよう準備を進めていきますので、ぜひご期待ください」

 次戦WEC第3戦モンツァ6時間レースは7月16~18日、イタリア・ミラノ近郊のモンツァで開催される。

* * * * * * *

 第2戦決勝を終えたTGRの6人のドライバーのコメントは、以下のとおりだ。

■「スピードには満足している」と2位の小林可夢偉

■7号車トヨタGR010ハイブリッド(決勝2位)

●小林可夢偉

「僕のスティントは好調で、ペースも良かったです」

「コース上のトラフィックをかわしていくのはかなり難しく、給油のためピットへ入るときに少しピット進入で攻めすぎてしまい、チームをひやりとさせてしまいましたが、幸運にも規定速度まで落とすことができました」

「練習走行で若干苦戦し、決勝でレースペースをつかむための努力をしてきただけに、今日お見せすることができたスピードには満足しています。我々7号車はチェッカー目前で少しだけ給油をする必要があり、勝利を逃してしまったのは残念です」

「チームは素晴らしい仕事をしてくれました。ドライバーも良い走りを見せられたので、勝つことはできませんでしたが、チームがワン・ツー・フィニッシュできたというのは良い結果です」

●マイク・コンウェイ

「今日は皆良い走りができたと思う。レース状況次第では違う結果になったかもしれない。8号車は序盤に燃料をセーブしたことで、それが戦略的にうまく働き、最終的にわずかに我々よりも長く走ることが可能になった」

「最後にフルコースイエローが出されたことで、そのタイミングで最後の給油ができ、通常よりもタイムロスを少なくできたのは幸運だった。レースを通して我々の7号車の方がわずかに速かったと思うが、残念ながら今日のような結果も時々ある。まず、チームがワン・ツー・フィニッシュを果たすことが最優先だ」

●ホセ・マリア・ロペス

「このコースで他の車両をかわしながらの8時間というのは本当に大変なレースで、僕自身、そのうちの4時間以上ドライブしていたので、ハードな一日だった」

「自分の走りには満足しているし、チームのワン・ツー・フィニッシュに貢献できて良かった。1周の走行ペースではアルピーヌの方が速かったが、チームワークと効率よいレース運びで順位を取り返し、チームにとって大事な結果を勝ち取った」

「7号車のエンジニア、ピットクルー、マイク、可夢偉、そして僕自身もこのレースで本当によくやったと思う。セーフティカーが出るまでは好調に首位を走っていたが、セーフティカーで状況が変わってしまった。ペースも良かったが、それが結果には繋がらなかった」

ワン・ツー・フィニッシュを達成しポディウムに立つトヨタGAZOO Racing

■8号車トヨタGR010ハイブリッド(決勝1位)

●中嶋一貴

「世界耐久選手権100戦目をワン・ツー・フィニッシュで飾れたというのは素晴らしい結果です」

「非常に接近した戦いで、誰もが勝利を目指し、これ以上無いほど全力でプッシュし続けました。ワン・ツー・フィニッシュを成し遂げた両チームを祝福します」

「こんな大変なレースで勝てるのは、本当に最高の気分です。タイトル争いについて語るのはまだ早いですが、少しでもポイント差を広げられるのは良いことです。今日のチームの働きと結果には満足しています」

●セバスチャン・ブエミ

「激しいバトルの末にレースを勝ち取ることができて感激している。我々は7号車とは異なる戦略で戦い、それが結果に表れた」

「最初のスティントで給油までの周回を1周伸ばすことができ、それが効を奏した。セーフティカーが出されたことも、最後に給油ピットをしなくて済むことに繋がり、今日のレースの鍵となった」

「ペースを保ちながら極力燃料消費を抑える走りを続けた。最後のフルコースイエローは我々にとって少し不運で、それが無ければ7号車は給油ピット後にもっと後方のはずだった。しかし、レースでは時々こういうことも起こる」

●ブレンドン・ハートレー

「この勝利は努力の賜物だ。中でもコース上のトラフィックは大きな要因だった。LMP2車両をパスするのは本当に困難で、彼らの協力も必要だった」

「我々はスタートから燃料消費を抑えることで戦略の幅を拡げ、それがうまく行った。給油間の周回数を伸ばしながらもペースを維持できたので、本当に戦略を活かして戦えたと思う。チームのお陰だ」

「全く異なる戦略を採ったにもかかわらず、残り20分の時点でもTGRの2台は全く差がなかった。レース全体を通して7号車との戦いだったが、最終的に勝つことができるのは1台だ。そして、TGRにとっては最高のワン・ツー・フィニッシュになった」

トヨタはポルティマオで世界耐久選手権参戦100レース目を迎えた