「ホメられたい僕の妄想ごはん」ゲスの極み乙女。・休日課長のレシピ本が高杉真宙主演でドラマ化

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ大阪とBSテレ東・BSテレ東4Kでは7月10日から、真夜中ドラマ「ホメられたい僕の妄想ごはん」(テレビ大阪=土曜深夜0:56、BSテレ東=土曜深夜0:00)がスタート。ゲスの極み乙女。のベーシスト・休日課長原案のレシピ本「ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん」を原案として、妄想の世界に登場する理想の彼女にごはんを振る舞うモテない男の奮闘を描き、主演は高杉真宙が務める。

平日は電機メーカーの子会社で働くサラリーマン、週末はバンドマンでベーシストの主人公・和田理生(高杉)。真面目でこだわりが強い分、人間関係は不器用な理生は、女性にもてず彼女いない歴はなんと3000日。やさぐれ気味で「誰かにホメられたい」といつも思っていた。そんな理生の日課は、おいしいご飯を作ることだ。こだわりの食材を用意し、今日もキッチンに立つ理生が、手際よく調理をしながら1人2役で架空の彼女との会話を楽しんでいると、誰もいないはずの食卓から女性の声が。不思議な妄想の世界で理想の彼女との楽しい食事が始まる。

ちょっと変わった主人公を演じる高杉は「ゲスの極み乙女。の休日課長さんによるレシピ本『妄想ごはん』を原案にしたもの、つまり僕は、休日課長さんを演じなければいけないんだ!と緊張している現状です」と率直な心境を述べ、「あまり料理をしてこなかった僕ですが、今回このレシピ本を見て『その料理を褒められたい』『料理に必要なのはテクニックではなく、妄想だ』という言葉に共感して勇気をもらい、今まさに練習中です。すてきな姿をお見せできたらと思います」と意気込む。

そして、原案となるレシピ本を執筆した休日課長は「妄想は自由だ。妄想する時、実現できるかどうかなんて考えなくていいのです。だから夢しかない。妄想は最上級の夢でもあります。人生初著書であるレシピ本『妄想ごはん』が出来上がった時、お恥ずかしい話、ドラマ化の妄想をしました。まさかその妄想、つまりは最上級の夢が現実になるとは。レシピ本がドラマ化なんて。一方的にお送りした妄想リストのネタも台本に盛り込まれててうれしかった……」と喜ぶ。

また「そして何と言っても和田理生役が高杉真宙さん。もはや超次元妄想。味わい深い作品になる期待であふれています。まるで、カレーを煮込む鍋の前に、香りたっぷりの湯気を浴びながら立っている気分。ふたを開けるのが楽しみで仕方ありません」と期待に胸を膨らませている。

さらに、本作の主題歌はゲスの極み乙女。メンバーである休日課長、REIS、えつこによるユニット・DADARAYが手掛ける「Ordinary days」に決定。えつこと共に作曲を担当した川谷絵音は「課長原案のドラマ主題歌ということで、メンバーのえつこにも作曲、REIS にも作詞してもらい、DADARAY全員の気持ちが同じ場所に向かった結果、素晴らしい作品になったと思います。メンバーに引き出され、今までにない爽やかなメロディーが降ってきたことも僕にとっては重要な1コマでした」と話し、えつこも「本業はとっても格好いいベーシストなんだということを伝えていきたいです(彼女できますように)」と、盟友である休日課長への思いも伝える。

この妄想全開ドラマのディレクターを務めるのは、ミュージックビデオ界で活躍するクリエーター陣。稲葉浩志、miletなどのMVを手掛けた針生悠伺監督、Aimer、絢香らのMVを制作してきた佐藤竜憲監督、Official髭男dism、[Alexandros]などのMVを担当したかとうみさと監督といった、音楽、映像ともにこだわりを持つ監督たちが、グルメドラマの新境地を開く。