天竺鼠・瀬下、ハナコ、武田真治が入手困難な希少食材求めて体当たりロケ!

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系では6月20日に、博多華丸・大吉が司会を務め、平野レミ、山之内すずをゲストに迎える「ニッポンの食材 大捜索!ごちそうハンター」(午後4:05=東海テレビ制作)を放送。日本に存在する“絶品なのに入手困難な希少食材”を求めて、リポーターたちが体を張ったロケに挑む。

番組では、ハンターたちに“知られざるごちそう食材”の調達を依頼。やっとの思いで調達した食材は、一流シェフの手で絶品料理へと驚きの変貌を遂げる。

極上の珍味・モウカの星を調達するのは、天竺鼠の瀬下豊。モウカの星とは、獰猛(どうもう)なネズミザメ=モウカの心臓のこと。鮮度を保つのが難しく一般流通はほとんどないため、幻の珍味ともいわれる。「死ぬこと以外NGなし」と豪語する体当たり芸人の瀬下が、東北・三陸沖へ向かう。

高級仙人食材・イワタケを調達するのはハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大)。イワタケは、反り立つ断崖絶壁にのみ生え、仙人が食べた言い伝えが残り、古くから不老長寿の秘薬として珍重されている。歌川広重の浮世絵にも命懸けで崖につり下がる人の姿が描かれているほどだ。決死の覚悟で仙人の食材調達に臨む。

数千匹に1匹の奇跡・黄金ガニの調達に挑むのは武田真治。奇跡的な確率で生まれるズワイガニとベニズワイガニの天然ハイブリッドである黄金ガニは、身入りのいいズワイと甘みの強いベニズワイのいいとこどりという極上の味わい。極めて希少なものが、果たして手に入るのか!?

華丸は「予約の取れないお店のシェフに全部作っていただいたので、本当に申し訳なかった。この年になっても食べたことがない食材がたくさんあるんだなと思って感動しました」と絶品料理に舌鼓。大吉も「グルメロケはかなり経験している方だと思うので、ある程度のコメントには自信はありましたが、今回の3品の食材は初めてすぎて、めちゃめちゃおいしかったですが、伝える言葉があまり出てこなかった」と驚いている。