久保建英の移籍先候補は「マジョルカ」「エスパニョール」「ベティス」とスペイン紙が報道

©株式会社東京スポーツ新聞社

久保建英

U―24日本代表MF久保建英(20=ヘタフェ)の来季の移籍先候補が現状で3クラブとなっているとスペインメディアが報じた。

久保の去就についてスペイン紙「マルカ」は「20歳のアタッカーは、レアル・マドリードでプレーせずに残ることになる」と来季もレンタル移籍が濃厚と分析。「リーガの新しいチームでローンに出る予定だ。3つのスペインチームが検討されており、そのうちの1つは1部に昇格したマジョルカだ。それは日本人にとって最も魅力的な選択肢だ」とまずは昨季所属した古巣を候補に挙げた。

さらに「別のオプションはエスパニョールだ。昇格した新しいチームを試すことになる。そして最後にベティスだ。欧州リーグ(EL)に出場するので、実力の面では最高のクラブになるだろう。しかしおそらく出場機会が少なくなるかもしれない」と指摘した。

1部に復帰したエスパニョールはすでに正式オファーを出したと現地で報じられており久保獲得に熱心な様子。ベティスも関心が取りざたされているが強豪のため、今季前半に所属したビリャレアルで出場機会を得られなかった二の舞の危険性もありそうだ。

久保の新天地は3クラブのいずれかになるのか、今後新たな候補が現れるのかまだまだその動向から目が離せない。