恐怖、空からの落下物で異臭騒ぎが発生

©BANG Media International

2人の女性が空からの落下物を発見、その中身に恐怖で慄いたそうだ。イングランド南部ハンプシャーに住むリサ・ボイドさんとルイーズ・ブラウンさんは、大きな落下音がしたのを聞きつけ外に出てみると、そこには人間の大便とトイレットペーパーが鎮座、悪臭を放っていたという。

ボイドさんは地元紙にこう話す。「外で誰かがスクーターか何かの追突事故を起こしたと思いました。唸るような大きな音がしたので、窓を見てみると、氷の塊が落ちていたんです。とにかく周りに通行者がおらず誰かの上に落ちなかったことに感謝しています。人が死ぬ可能性もありました」

地元の人々はこの凍った大便は、上空3万5000フィート(約11キロメートル)を通過した飛行機が落としたものだと考えているという。

「氷が溶けると、そこに大便が現れました。歩道のど真ん中でしたし、私が袋に詰め取り除きました」とボイドさんは続けた。