ロバート・スミス、ザ・キュアーは次の2作がラストアルバム!?

©BANG Media International

ロバート・スミスが、ザ・キュアーは次回作がラストアルバムになることを示唆した。2枚のフルアルバムを発表予定のようで、2008年の『4:13ドリーム』に続く新作に全ての感情を注ぎ込んだとロバート、もうこれ以上は無理だと語っている。

ザ・サンデー・タイムズ紙にロバートはこう話す。「ザ・キュアーの新作は感情あふれるものとなっている。10年の人生が数時間に凝縮されたのさ。もうこれ以上何かをやることは考えられない。二度とできないね。」

そんな同新作について、先日ロバートはこう話していた。「多分6週間以内に、リリース日や来年の予定など全てを話すことができるだろう。アルバムを2枚作っていたんだ。1枚は本当に重く悲観的なもので、もう1枚はそうじゃない。そして両方とも完成間近だ。ミキシングする人を決めなきゃいけない。やり残しているのはそれだけさ」

またノイズに特化したソロアルバムも出すそうで、「1時間分のノイズをずっと作りたかったんだ。けどザ・キュアーとして、10年待たせてのノイズだけのアルバムはしたくなかった。バンドのメンバーは『ノー』の一択だよ。でもその『ノー』はバンドとしてのさ。だから自分だけで楽しんで作っている」と明かしてもいた。