BTCCリザーブのエスミー・ホウキーがDTMデビュー。ランボルギーニ・ウラカンGT3をドライブへ

© 株式会社サンズ

 GT3規定を採用して新時代の幕開けを迎える2021年のDTMドイツ・ツーリングカー選手権。6月18~20日に開幕が迫ったグリッド最後の1枠に向け、イギリス出身で23歳のエスミー・ホウキーがT3モータースポーツのランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoでシリーズデビューを果たすことが決定。

 女性限定シングルシーター選手権『Wシリーズ』への参戦や、2020年ポルシェ・カレラカップGBのプロ・アマ・チャンピオンも獲得した彼女が、グローバルメディア企業ROKiT(ロキット)のサポートを得て、ドイツの新生GTシリーズに挑むこととなった。

 これまでドイツのADAC GTマスターズや、同じくADACのGT4シリーズなどで、アウディやベントレーを走らせてきたT3モータースポーツは、この2021年に向け改めてClass1(クラス1)規定を破棄し、GT3を採択したDTMへの参入を表明。メルセデスAMGやアウディ、BMW、フェラーリらと並び、5番目のフルタイム参戦マニュファクチャラーとしてイタリア製のGT3マシンを投入する。

 この4月にもベルギー出身のティーンエイジャー、エステバン・ミュース起用をアナウンスしていた同チームは、そのチームメイトにイギリス出身の若手女性ドライバーを抜擢し、イタリア・モンツァでの開幕戦に臨むことを決めた。

 地元イギリスでは、2020年から元F1ドライバーのマーク・ブランデル率いるMBモータースポーツ・アクセラレーテッド・バイ・ブルースクエアに加入し、開発ドライバーとしてFK2型ホンダ・シビック・タイプRのステアリングを握ってきたホウキーは、そのNGTC規定ツーリングカーのドライブと並行して、自身初となるGT3での勝負を「始めるのが待ち切れない気分」と意気込みを語った。

女性限定シングルシーター選手権『Wシリーズ』への参戦や、2020年ポルシェ・カレラカップGBのプロ・アマ・チャンピオンも獲得するエスミー・ホウキー
2020年からは、BTCCでマーク・ブランデル率いるMB Motorsportの開発ドライバーを務める

■「チームとマシンの最初の経験を本当に楽しんでいる」とホウキー

「DTMは非常に歴史のある一流のシリーズだし、今季そのグリッドに並ぶことは本当にエキサイティングよ。これを実現させてくれたロキットとT3モータースポーツの双方に心から感謝を捧げたい」と続けたホウキー。

「ロキットは、彼らが進歩的で前向きな思考能力を持つ組織であることを再度証明し、私のキャリアを次のステップに進めることを可能にしてくれた。T3には若いドライビングの才能を育ててきた素晴らしい実績があるし、今はチームとマシンの最初の経験を本当に楽しんでいる」

 そんなホウキーは、数日前にモンツァでランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoでの最初のテストを完了しており、開幕が目前に迫っていることを念頭に、自身が取り組むべき課題を「よく把握している」と語った。

「最初のラウンドまでほとんど時間がないので、覚悟を決めて最深部に飛び込んでいくような状態だと理解している。それでも、新シーズンの準備を強化することに興奮しているの」とホウキー。

「これは大きなステップになることはわかっているけど、それを最大限に活用する準備はできているわ」

 これにより、2021年のDTMグリッドにはアプト・スポーツラインから参戦し、アウディR8 LMSのステアリングを握るソフィア・フローシュと2名の女性ドライバーがエントリー。ホウキーは、かつてシリーズを戦ったスージー・ウォルフやキャサリン・レッグに続く、3人目のイギリス人女性ドライバーとしてDTMへの挑戦を開始することになる。

継続参戦してきたポルシェ・カレラカップGBでは、念願だったタイトルも獲得。GT3初挑戦がDTMとビッグステップに
ドイツ出身のソフィア・フローシュは、シェフラー製のステア・バイ・ワイヤを備えるアウディR8 LMSをドライブする