「三文芝居」と維新松井氏

野党の内閣不信任案提出を批判

© 一般社団法人共同通信社

記者団の取材に応じる日本維新の会代表の松井一郎大阪市長=15日午後、大阪市役所

 日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は15日、立憲民主党など野党4党が菅内閣に対する不信任決議案を衆院に共同提出したことについて「三文芝居に付き合っていられない」と痛烈に批判した。新型コロナウイルスの影響で解散・総選挙できる状況にはないとの認識が背景にある。市役所で記者団に語った。

 松井氏は、7月に開幕を控える東京五輪や、全国で進めている新型コロナワクチン接種などを挙げて「今この時期に不信任出して、解散・総選挙を打てるのか。誰が見ても芝居だと分かる」と指摘した。維新は不信任案に反対の立場。