二階氏、太平洋構想で議連

主導権巡り麻生氏らに対抗

© 一般社団法人共同通信社

「自由で開かれたインド太平洋」構想を推進する議員連盟の設立総会であいさつする自民党の二階幹事長。左は安倍前首相=15日午後、東京・永田町の党本部

 自民党の二階俊博幹事長は15日、「自由で開かれたインド太平洋」構想を推進する議員連盟を設立した。構想を提唱した安倍晋三前首相が最高顧問に就いた。秋に予想される人事などでの主導権獲得を狙い、複数の議連で活動を活発化させる麻生太郎副総理兼財務相や甘利明税制調査会長に対抗する動きに乗り出した形だ。麻生、甘利両氏と合わせて「3A」と称される安倍氏の取り込みを巡る綱引きも激しくなりそうだ。

 二階氏は、党本部で開いた設立総会で「多くの皆さんが参加してスタートする。われわれの思いが国際的に広がるよう期待したい」とあいさつした。