36歳の最大野党代表が初登院、「従来の党代表の姿とは対照的」と注目集める―韓国

©株式会社 Record China

2021年6月14日、韓国・メディアオヌルによると、韓国最大野党「国民の力」の代表に選出され「史上初の30代の最大野党トップ」となった李俊錫(イ・ジュンソク)代表(36)の「初登院姿」が注目を集めている。

李代表は13日、ソウル・上渓(サンゲ)洞の自宅から国会議事堂駅まで地下鉄で移動し、駅から国会本館まではソウル市のシェアサイクルを利用した。党代表室関係者は「李代表は日頃からシェアサイクルを愛用している。代表用の車両はあるが、まだ運転手を雇用できていない」とコメントしたという。

ノーネクタイでバックパックを背負い、車ではなくシェアサイクルに乗った李代表の写真が公開され、「ネクタイにスーツ、秘書陣を帯同する従来の党代表の姿とは対照的だ」など、メディア各社は好意的に報じているという。李代表に批判的なメディアも「若い党代表の出現が、小さなところから権威と伝統を壊す方向に作用していることは、確かなようだ」と評している。

一方で、こうした写真について「演出ではないか」「歩いて5分の距離なのに、シェアサイクルで10分?」という声も上がったという。これに関して、記事は「李代表がシェアサイクルで登院するという情報は、到着直前に取材陣に伝えられた」「党代表室の関係者も、直前に駐輪場に移動し待機したという状況だった」「自転車出勤について事前の告知や調整などはなかった」と説明している。

李代表は「代表用車両が提供されることは知っているが、(使うかどうか)悩んでいる。最も効率的な方法を取りたい」とコメントしているという。

この記事に韓国のネットユーザーからは数多くのコメントが寄せられている。「結局は写真を撮れと連絡があったってことでしょ(笑)」「47メートルほどの距離を自転車で?」「ほんの2分ほど自転車に乗って政治ショーをしただけ」「国会議事堂駅から国会本館までくらい、歩こうよ」「演出は最高だな」「メディアによる対国民詐欺だ。本当に自転車で登院したのかと思ったよ。駅から議事堂まで、ほんの少しの移動を『登院』だなどと大げさに言うなんて」「調子に乗るのもほどほどに。大統領にでもなったつもりか」「自転車に乗ったことが、先進7カ国(G7)参加よりも報じるべき重要ニュースなのか?」「国会議員にもなったことがないのに、国会に登院するって、何だか笑える」など批判的なものが多いが、話題性は抜群のようだ。(翻訳・編集/麻江)