【MLB】大谷翔平が「またやった!」 前半戦日本人最多18号は186キロ超え特大弾

© 株式会社Creative2

18号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

打球速度115マイル超の本塁打3本目はスタントンの4本に次ぐ本数に

■アスレチックス 6ー4 エンゼルス(日本時間16日・オークランド)

エンゼルスの大谷翔平投手が15日(日本時間16日)、敵地のアスレチックス戦で6試合ぶりの本塁打となる18号ソロを放った。「2番・指名打者」で先発出場すると、8回の第4打席で右中間スタンドへの豪快なアーチをかけた。

久々のアーチは3点を追う8回2死に飛び出した。3ボール1ストライクからの5球目。左腕ルサルドが投じた、ど真ん中への98.1マイル(約157.9キロ)のフォーシームをフルスイングで捉えた。快音を響かせた打球は一直線に右中間スタンドへ。自身2番目の速さとなる打球速度115.8マイル(約186.4キロ)で、飛距離429フィート(約130.8メートル)をかっ飛ばした。

リーグ2位タイに浮上する特大の18号弾に米メディアも喝采。米テレビ局「バリースポーツ」の公式ツイッターが本塁打の映像とともに「ショウヘイ・オオタニのハイライトを投稿することに飽きはこない」と投稿。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「ワォ、ショウヘイ。115.5マイル、完全にバレルゾーンで捉えた」と絶賛し、エンゼルス専門のポッドキャスト番組「Locked on Angles」で司会を務めるブレント・マグワイア氏も「ショウヘイ・オオタニがまたやった!」と伝えた。

大谷がこの日放った本塁打の打球速度115.8マイル(約186.4キロ)は自身2番目の速さで、115マイル超の本塁打は今季3本目になった。MLB公式サイトのサラ・ラングス記者によれば、これはヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手の4本に次ぎ、メジャーで2番目の多さ。オールスターのファン投票中間発表で、ア・リーグDH部門でトップに立つ大谷が、そのパワーを見せつける一発となった。(Full-Count編集部)