日産 GT-R NISMO 2022年モデルの予約好調。2020年度の販売台数を早くも上回る

©株式会社モーターマガジン社

2021年6月16日、日産自動車(以下、日産)は同年4月14日に先行公開した「GT-R NISMO(ニスモ)」2022年モデルが、この2カ月間で2020年度1年間(2020年4月〜2021年3月)の累計販売台数131台を超える、171台の予約注文を受けたと発表した。

価格発表は2021年8月、発売は10月を予定。なのに・・・

レースからのフィードバックを注入して創り上げられ、「究極のGT-R」と称されるGT-R ニスモ。その2022年モデルが2021年4月14日に先行公開され、特別仕様車「GT-R NISMO Special Edition(スペシャルエディション)」が設定されることなどは、すでに当 した。

GT-R ニスモ 2022年モデル「スペシャルエディション」。ボディカラーは、NISMO ステルスグレー。

内外装のデザインなどは公開されたが、詳しいパワースペックや装備の内容はもちろん、車両価格も発表されていないというのに、先行公開から2カ月で、2020年度1年間の販売台数を超えてしまったというのだから、驚きだ。

予約注文した人の内訳を見ると、全体の99%が、特別仕様車として追加された「スペシャルエディション」をオーダーしているという。ボディカラー別では、NISMO専用新色の「NISMO ステルスグレー(ここで掲載している車両のボディカラー)」が50%以上を占めているという。

GT-R ニスモ 2022年モデル「スペシャルエディション」のコクピット。

GTーR NISMO 2022年モデルは、2021年8月に価格発表、10月に発売を予定している。価格発表時までには、詳細なスペックや装備なども公表されるはずだ。ちなみに、従来型であるGT-R NISMOの2020年モデルの車両価格(税込)は、2420万円。2022年モデルは、これよりアップすることは間違いなさそうだし、特別仕様車はさらにエクストラプライスが付けられるだろう。

なお、GT-R NISMO 2022年モデルは特別仕様車も含めて限定車ではないので、日産自動車販売店の日産ハイパフォーマンスセンターで、引き続き予約注文を受け付けている。

■日産 GT-R NISMO 2020年モデル 主要諸元(参考)

・全長×全幅×全高:4690×1895×1370mm
・ホイールベース:2780mm
・重量:1720kg
・エンジン型式・種類:VR38DETT型・V6 DOHCツインターボ
・排気量:3799cc
・最高出力:441kW(600ps)/6800rpm
・最大トルク:652Nm/3600−5600rpm
・トランスミッション:6速DCT
・タイヤサイズ:前255/40ZRF20、後285/35ZRF20
・車両価格(税込):2420万円