トヨタ 新型ランドクルーザー300はスマホ置くだけ充電やアップル カープレイにも対応! 注目は設置位置が変更された走行モード切り替えボタンにあり

©株式会社MOTA

2021年夏にも発売される見込みのトヨタ 新型ランドクルーザー300。未だ日本仕様モデルに搭載されるエンジンやスペック、さらには価格は発表されていないが、14年ぶりのフルもモデルチェンジとあって大注目されている。じつは海外のトヨタホームページには内装の詳しい情報が発表されている。そこで新たに発表された新型ランドクルーザー300の内装をご紹介。結論からいうとスマホとの連携機能が強化さらには置くだけ充電などの快適装備が加わっていた。

トヨタ 新型ランドクルーザー300[2021年6月10日(木)世界初公開] [photo:トヨタ自動車]

価格や発売時期などSNSでも話題沸騰中の新型ランドクルーザー300

ボディサイズは現行モデルと同等とアナウンスされている

日本時間2021年6月10日深夜にお披露目された新型ランドクルーザー300だが、ランクルファンのみならずチマタでは大注目を集めている。

ボディサイズは現行ランドクルーザー200と同等、さらには搭載されるエンジンが4.7リッターから3.5リッターターボへダウンサイジングされるといった基本的な情報は判明している。だが、日本仕様モデルがどんなモデルとなるのか? といった情報は明らかにされていない状況であるが、早くもSNSでは新型ランドクルーザー300の予想価格や発売時期といった具体的な話題が繰り広げられている。それほど誰しもが期待しているモデルなのだ。

新型ランドクルーザー300はスマホとの連携機能も強化! ヘッドアップディスプレイも採用

発表と同時に明らかになったのは搭載されるエンジンのほか、内外装デザインである。MOTAでもハリアーと同じディスプレイオーディオが搭載されるとご紹介したが、新たな情報が飛び込んできた。

モニターは二分割表示され、ナビ情報とオーディオといった2つの情報を同時に表示することが可能

近頃のトヨタ車はヤリスやヤリスクロス、ハリアーやアルファードに至るまでスマホとの連携強化を図ったディスプレイオーディオが標準装備となっている。新型ランドクルーザー300もまたApple CarPlayやAndroid Autoといった機能が搭載される見込みである。

そしてシフト横にはスマホを置くだけで充電される奥だけ充電も採用され、使い勝手も大幅に向上されているのだ。

運転中に便利なヘッドアップディスプレイが初採用

この写真からも新型ランドクルーザーにはステアリングアシストが搭載されると予想できる

加えて、ランドクルーザーシリーズ初のヘッドアップディスプレイも採用。今のところわかっているのは速度と先進安全装備の作動状況が表示されるといったイメージである。

ちなみにヘッドアップディスプレイとは、フロントガラスに速度やナビ画面を投影するモノ。運転中にメーターやナビへ視線移動をせずに、情報を確認できる優れものである。新型ランドクルーザー300に採用されたのは素直に嬉しいポイントである。

>>

ボタンの設置位置に注目! マルチテレインセレクトの操作性向上

現行ランドクルーザー200のマルチテレインセレクトの操作パネルはシフト周辺に配置されている, 対して新型ランドクルーザー300は一部の操作パネルは運転席側に配置し、操作性を向上
現行ランドクルーザー200のマルチテレインセレクトの操作パネルはシフト周辺に配置されている, 対して新型ランドクルーザー300は一部の操作パネルは運転席側に配置し、操作性を向上

ご存知の通りランドクルーザーといえば悪路走行を得意とするモデルである。現行モデルにはマルチテレインセレクトと名付けられた走行モードを選択する機能が搭載されており、操作パネルはシフト周辺に設置されていた。実際に使ってみる走行中の操作は難しく、一旦停止してからモード切り替えなどを行なうイメージであった。

ところが新型ランドクルーザー300は運転中でも操作しやすいよう、シフト横に縦に走行モード切り替えボタンを設置し、操作性を向上しているのだ。

>>

快適装備も充実の新型ランドクルーザー300! 一早い発売を切望

新型ランドクルーザーはデザインや搭載されるエンジンもさることながら、ヘッドアップディスプレイや置くだけ充電といった快適装備が数多く採用されている。加えて走行モード切り替えボタンの設置位置変更など、嬉しい改良ばかりである。

それだけに一早い日本発売に期待したい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】