2021年の梅雨の特徴は?

©株式会社サニースポット

2021年6月16日 2021年の梅雨の特徴は? (解説:気象予報士 #穂川果音) 今年は九州地方から東海地方にかけて、梅雨入りの発表がとても早かったですよね。今回は今年の梅雨の特徴についてお話しします。 まず今年梅雨入りの発表が早かった原因としては、インド洋の海面水温が高かったことにあります。海面水温が高く、積乱雲が発生しやすくなったため、偏西風がいつもよりも北側に押し上げられました。この反動で、偏西風が平年よりも蛇行が大きくなったんです。 このため、日本付近を通る偏西風、平年よりも北側を通過したため、太平洋高気圧がいつもよりも西日本側に押し上げられる形となり、この太平洋高気圧が押しあがった関係で、この梅雨前線もいつもよりも早く北上されたというのが原因だったんです。 このため、太平洋高気圧の縁に沿って暖かく湿った空気が入り込み、前線の活動が活発になったため、梅雨入り早々西日本を中心に大雨となったのも特徴的でした。 ただその後は、前線は再び沖縄付近に南下し、本州付近は高気圧に覆われ、梅雨の中休みがしばらく続きました。 そしてようやく、関東甲信地方も6月14日ごろ梅雨入りしたとみられると発表がありました。これは平年に比べて7日ほど遅い発表です。 ただ、東海地方から九州南部地方にかけては、平年に比べるとおよそ3週間ほど早い梅雨入りの発表だったんです。 ちなみに、四国地方や近畿地方は統計が始まって以来一番の梅雨入りの早さ。九州南部や九州北部そして中国地方や東海地方では、統計が始まって以来二番目の梅雨入りの早さだったんです。 この梅雨入りが早くなると梅雨明けは早くなるのかどうなのか、調べてみました。九州北部地方を例にしますと、過去一番梅雨入りの発表が早かったのは1945年5月13日ごろに数字の発表がありました。 ただ、それだけの発表があったのは8月1日ごろということで、およそ二カ月半に渡って梅雨の季節は続いたんです。このため平年に比べても降水量は1.7倍ほどにもなりました。 というわけで、梅雨入りの発表が早くても必ずしも梅雨明けの発表も早いとは限りません。大雨に十分注意が必要な季節となりますから、しっかりと雨の備えを行うようにして下さい。