ミャンマー選手、帰国拒否

国軍への3本指抗議で

© 一般社団法人共同通信社

大阪市内のホテルからオンラインでインタビューに応じるピエ・リヤン・アウン選手=13日(共同)

 5月下旬に千葉市で行われたサッカー・ワールドカップ(W杯)予選試合で、クーデターを起こしたミャンマー国軍への抗議を示す3本指を掲げた同国のピエ・リヤン・アウン選手(27)が帰国を拒否したことが16日、分かった。同選手は17日未明、関西空港で報道陣に「自分の意思で帰国を拒否した。これから難民申請する」と語った。

 同選手は16日までの共同通信とのオンラインインタビューで、帰国すれば2月のクーデターで全権掌握した国軍に拘束され「命の保証がない」と懸念を表明。アウン・サン・スー・チー氏(軟禁中)が率いる政権が復活すれば「国に帰りたい」と述べた。

帰国を拒否し、報道陣の前に支援者と姿を見せたサッカー・ミャンマー代表のピエ・リヤン・アウン選手(左)=17日午前0時11分、関西国際空港
帰国を拒否し、報道陣の質問に答えるサッカー・ミャンマー代表のピエ・リヤン・アウン選手(左から2人目)=17日午前0時30分、関西国際空港