【マレーシア】航空貨物ラヤ、KL—南寧の路線開設[運輸]

©株式会社NNA

マレーシアの航空貨物会社ラヤ・エアウェイズは15日、首都クアラルンプールと中国の広西チワン族自治区南寧を結ぶ路線を開設した。南寧行きの路線は国内の航空貨物会社で初となる。

ニュー・ストレーツ・タイムズによると、同路線の運航は週4便を予定。使用する機材はボーイング767-200Fで、1週間当たりの輸送量は平均30トンを見込んでいる。

ラヤ・エアウェイズのモハマド・ナジブ・イシャク社長は「南寧は中国から東南アジア諸国連合(ASEAN)へのゲートウエーとなっている」とした上で、「電子商取引(EC)による国境を越えた貨物輸送が増加しており、今回の路線開設は時宜を得ている」と説明した。年内には中国を含むアジア太平洋地域で就航地をさらに増やしていくという。

ラヤ・エアウェイズは現在、中国やインドネシア、シンガポール、ベトナム、香港などへの路線を運航している。