大谷が2試合連続の19号

マルチ安打、10個目盗塁も

©一般社団法人共同通信社

アスレチックス戦の2回、2試合連続の本塁打となる19号ソロを放つエンゼルス・大谷=オークランド(共同)

 【オークランド共同】米大リーグは16日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアスレチックス戦に「2番・指名打者」でフル出場し、二回に2試合連続の本塁打となる19号ソロを放つなど4打数2安打1打点、1得点だった。今季10個目の盗塁も記録。チームは4―8で敗れ、3連敗を喫した。

 レッズの秋山はブルワーズ戦で八回に代打で出場し、二ゴロに倒れた。守備には就かず、チームは2―1で6連勝とした。

 レッドソックスの沢村はブレーブス戦で6―6の五回途中に2番手で登板し、1回2/3を投げて1本塁打を含む2安打1失点、2三振1四球だった。勝敗は付かず、チームは10―8で3連勝。

アスレチックス戦の2回、2試合連続の本塁打となる19号ソロを放つエンゼルス・大谷=オークランド(AP=共同)