山本由伸、初の交流戦MVP

ビシエド、伊藤大海も表彰

©一般社団法人共同通信社

プロ野球の「日本生命セ・パ交流戦」でMVPに選ばれポーズをとるオリックスの山本由伸投手=17日、大阪市

 プロ野球の「日本生命セ・パ交流戦」の表彰選手が17日に発表され、最優秀選手(MVP)に3戦3勝、防御率1.23、33奪三振で優勝に貢献したオリックスの山本由伸投手が初選出された。賞金200万円が贈られる。

 セ、パ両リーグから1人ずつ選ばれる日本生命賞(賞金100万円)には、セから12球団トップの打率4割9厘をマークした中日のビシエド内野手、パから3戦3勝、防御率0.90と好投を続けた日本ハムのルーキー伊藤大海投手が選ばれた。