オリンピックも目指したワンダーウーマン! イ・リンの素顔に迫る

©株式会社ワニブックス

日本で活動を始めて約2年。愛くるしい見た目と鍛え抜かれた体を最大限に生かし、かわいい系から戦闘系まであらゆるコスプレで人気のイ・リンに大注目! 今年3月には『コスプレ格闘ポーズ集』のモデルを務め、日本の映画に初出演することも決まり、さらにはミスiDで大郷剛賞を受賞するなど話題の女性だ。

▲オリンピックも目指したワンダーウーマン! イ・リンの素顔に迫る

『逃げ恥』で覚えた日本語

――日本語がとてもお上手ですが、いつごろから勉強を始めたのでしょうか?

リン 高校の第二外国語で日本語を選び、学び始めたのは2年生のころです。でもそのときは、ひらがなと基本的な挨拶までしかできませんでした。日本に行こうと決めた半年くらい前にJLPT(日本語能力試験)の存在を知って、本気で勉強を始めたのはそれからです。でも一般的な勉強ではなかなか上達しなくて、漢字は特に苦手です。難しく考えずに覚えられる方法はないかと日本人の女の子に相談して、オススメのドラマを教えてもらったんです。

そしたら『逃げるは恥だが役に立つ』『5→9~私に恋したお坊さん~』『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』の3作を紹介してくれて。どれも内容はすごく面白かったんですが、そのなかでも『逃げ恥』は、感情の激しさがそれほどない平和なストーリーで、日常的な会話が多いと感じて一番気に入りました。

――日本語がわからなくても内容は理解できましたか?

リン いいえ、最初は全くわからなかったので、韓国語の字幕付きのものを見て、まずは内容を理解することから始めました。それからセリフを声に出しながら一緒に喋ってみて、何度も何度も10回以上は繰り返し見たと思います。そのうち字幕なしで見られるようになりましたが『逃げ恥』がなかったら、ここまで日本語がわかるようにならなかったと思います。『逃げ恥』は楽しみながら覚えられたので本当に感謝しています。おかげさまでJLPTは3級に合格して、今は2級に向けて勉強中です。

――もともと日本のゲームやアニメも好きだったそうですね。

リン 子どものころから心の中におじさんが住んでいたみたいで、美少女アニメにすごく惹かれていました。『I”s』『電影少女』『いちご100%』とか。「ああ~、かわいいな~」「体のラインが綺麗だな~」って。特にみんなお尻がかわいくて。あんなお尻になりたいなと今も憧れています。

――一番好きなキャラクターのお尻は?

リン 『I”s』の葦月伊織です。桂正和さんのマンガが特に好きです。だから、女性なのにオッサンみたいだねとよく言われます(笑)。

武道一色の青春時代

――今年3月に『イ・リンのコスプレ格闘ポーズ集』が発売され、本格的な格闘ポーズを披露されました。数々の武道を習得されているようですが、何がきっかけで始めたのでしょうか。

リン お父さんがアメリカのドラマ『ワンダーウーマン』の主人公リンダ・カーターさんの大ファンで、それで私の名前もリンになったんです(笑)。『ワンダーウーマン』のような強くて美しい女性になってほしいと言われて、4歳のときにお父さんに連れられて最初はテコンドーを習いました。

――きっかけはお父さんだったんですね。テコンドーはすぐ好きになれましたか?

リン そのときの気持ちは覚えていませんが、同時期に習っていたピアノはさぼったりしていたのに、テコンドーは毎日頑張っていて一生懸命に通っていたらしいです。自分で楽しいなと気づいたのは小学生のころで「これが一番好きだな~」って。ピアノはさぼるから早々にやめていいと言われて、高校1年生の冬休みから合気道も始めました。

――合気道も始めた理由は?

リン テコンドーは三段まで取れていたので、次は合気道で段を取ろうとお父さんに言われて。実はお父さんが合気道のデモンストレーションをやっていたんです。

――お父さんの影響が強いんですね。でも、期待通り『ワンダーウーマン』のように強くなって、お父さんもさぞかし喜んでいることでしょうね。

リン はい、すごく喜んでいます。

▲父の影響で始めたテコンドーをキッカケに武術を究める

――大学は韓国で多くのオリンピック選手を輩出している龍仁(ヨンイン)大学に進学されて、更にその道を究めることとなりますが、途中で興味の対象が変わることはなかったんですか?

リン 実は高校生のころ、演技の勉強をしたいと思って演劇部に入ったことがあります。昔からよくマンガを読んでいたんですが、演劇部が舞台になっている話が多くて、その世界に憧れていて。マンガの設定では演劇部には学生会長が必ずいるんですが、入部したら本当にいてビックリしました(笑)。

――部員の女性全員が、その会長を好きになるという展開ですね!

リン マンガでは好きになるんですが、実際は誰も好きにならなかったです。現実は違うんですね(笑)。

――お父さんは演劇を始めたことに賛成してくれましたか?

リン お父さんはサックス奏者、おじいちゃんはマエストロで絵も描いていたりする芸術一家なんですが、芸術で食べていくのは大変だから、好きなのはいいけど仕事にはしないでほしいと言われていて。それなら演技は? と言ったら、それもダメって(笑)。高校3年生まで演劇部にいましたが、すごく反対されていました。そんなときに学校の先生から、これまでの実績を見て体育大学はどう? と薦めていただいて龍仁大学に進むことになりました。

――ということは、オリンピックに出場することを目指していたとか?

リン それが……得意のテコンドーを選べばよかったんですが、合気道を選んで入学しちゃったんです。

――オリンピックの種目に合気道がない!

▲大学はオリンピック選手を多数輩出している龍仁大学へ

リン はい。入学後に変更できないか聞いたんですが、できないと言われて。お父さんも落ち込んでいました。

――大学卒業後の進路はどう考えていたんですか?

リン 当時は人気のトレーナーを目指すことになりました。なので、インストラクターの免許も取りましたし、韓国には有名なトレーナーが何人もいたので、私もカリスマトレーナーになろう! と考えたりました。

――すでにテコンドーや合気道などで有名だったんですよね?

リン 韓国のテレビでインタビューを受けたりはしていました。その出演をきっかけにダイエットドリンクのCMのお話をいただいて。ドラックストアへ行くと私の写真がたくさんあったんですよ。

▲大学卒業後はカリスマトレーナーを目指しインストラクターの免許も取得

韓国で芸能活動をスタート

――芸能界入りはCM出演がきっかけだったんですか?

リン 最初は芸能をやることは考えていなかったんですが、フィットネスの大会などに出ているうちにフィットネスアイドルをしませんか? と声をかけていただいて。その事務所の先輩に、日本でも活動をしていたROK-KISS(ロッキス)というグループもいました。

おじいちゃんは文化交流として日本へよく行っていたり、日本のアーティストの方が韓国へ来たときは通訳をしていたこともあって、私もさらに日本に興味を持ち日本に行ってみたいと強く思うようになっていて。これはチャンスだ! と思ってやってみることにしたんですが……。

――その様子だとうまくいかなかったようですね……。

リン 活動に向けてレッスンなど頑張っていたんですが、途中から会社の雲行きが怪しくなってきて、練習をする場所も無くなってしまったんです。そこで、ほかの事務所の練習場を使わせていただくことになったんですが、その事務所の皆さんが終わってからなので、集合は夜中の2時とかで……。それでも夢に向かって頑張ってましたが、結局、活動できなくなってしまいました。

――そのとき、おいくつだったんですか?

リン 25~26歳くらいでした。でも、事務所がなくなってどうしよう……と思ってたら救ってくださる人が現れて。気持ちも新たにスタートを切ることになりました。

▲韓国の芸能界から日本の芸能界へ


〇ニュースクランチYouTubeチャンネル