日銀、企業支援を半年延長

来年3月まで、倒産抑制

©一般社団法人共同通信社

金融政策決定会合に出席するため、日銀本店に入る黒田総裁=18日午前(代表撮影)

 日銀は18日、2日目の金融政策決定会合を開き、新型コロナの流行で打撃を受けた企業向けの資金繰り支援策について半年間延長を決めた。期限は9月末から来年3月末までに延びる。企業が資金調達しやすい環境を保ち、倒産を抑制する。2%の物価上昇目標の達成に向け、大規模な金融緩和策は維持する。

 資金繰り支援策は、新型コロナ対応で企業に融資する民間金融機関に対し、日銀が有利な条件で融資の原資となる資金を供給することが柱。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置による影響が特に大きい飲食や宿泊といった業種では、手元の資金を厚めにしようとする動きがあり、依然として資金需要は強い。