自転車配達員も労災保険に

IT人材含め特別加入、厚労省

© 一般社団法人共同通信社

信号待ちをする「ウーバーイーツ」の配達員

 厚生労働省の労働政策審議会部会は18日、飲食店の料理などを自転車で宅配する配達員や、フリーランスで働くIT人材について、企業に雇用されない個人事業主でも労災保険に入れる「特別加入制度」の対象に加える省令案の要綱を了承した。9月から運用が始まる。

 厚労省によると、個人事業主の自転車配達員は、業界団体の推計で約9万人。生活様式の多様化や、新型コロナウイルス禍などで宅配事業の需要は拡大しているが、走行中の事故など配達員の労働災害が懸念され、ウーバーイーツや出前館など業界大手でつくる団体が特別加入を要望した。