ミスiDでも大注目のイ・リン「戦隊モノや特撮系に挑戦したい」

©株式会社ワニブックス

今年3月には『コスプレ格闘ポーズ集』のモデルを務め、日本の映画に初出演することも決まり、さらにはミスiDで大郷剛賞を受賞するなど話題のイ・リン! 父親の影響で武道一色の青春時代を送り、大学卒業後は韓国で芸能活動をしていたが、2年前から日本へ。そんな彼女の素顔に迫るインタビューをお届けします。

▲ミスiDでも大注目のイ・リン「戦隊モノや特撮系に挑戦したい」

コスプレ・エクササイズ連載が話題に!

――韓国でアイドル活動をしながら、日本で新たなスタートを切るキッカケはなんだったのでしょうか。

リン 韓国や中国でやっていたゲームのイメージモデルや、コスプレの写真をSNSで発信していたのを見ていてくださったサンケイスポーツさんから連載のお話をいただきました。内容は、コスプレの写真をとともに、“こんな運動をするとお腹が引き締まりますよ!”“こうするとダイエットできます”みたいなフィットネスに特化したコラムで楽しみながらやってました。

――鍛えることのプロですから、ちゃんとやれば効果が出そうですね。

リン トレーニングの仕方で体ってすごく変わるんです。今の体になる前、結構ムキムキに仕上げたこともあるんですよ。最初はそれがかっこいいと思って男性用の筋トレも取れ入れて体を作っていたんですが、すごくゴツくなっちゃって。シックスパックを作ったときは、みんなから「ちょっと怖い」とも言われました(笑)。それでキツイ筋トレをこなす体ではなく、女性らしさを活かした体は作れないかと考え始めて、メソッドを作り始めました。そんなこともあって、私の体は大きく分けて3回変わりました。

――毎日どのくらい、どのようなトレーニングをしているんですか?

リン テレビを見るときはプランクの姿勢をしたり、腹筋の運動をしたり。10回でもいいからやろうと思います。

――10回もやるんですね。

リン いえ、10回だけでもやろう! いつもこんな考え方です。本気でトレーニングしたら基本的には3時間くらいやってしまいます。今はトレーニングは週3回くらいですが、毎日1日30分は必ず歩こうと心がけてます。

――歩き方にもコツがありそうですね。

リン 腕を90度くらいに維持して、腕を大きく振りながら、二の腕など気になるところを意識しながら歩くんですが、これは結構しんどいです。でも続けるうちに肩の筋肉がきれいになりますので、二の腕が気になったら絶対おすすめします。

▲本物のパフォーマンスは圧倒される

――服を着ておとなしく座っていたら、こんなに運動能力が高く、トレーニングしている体とは想像できません。

リン 韓国にいるときの話なんですが、電車の乗り換えのところで私のうしろにぴったりくっついているおじさんがいたんです。最初は気のせいかなと思っていたんですが、急に太ももを触られたんです。ピアノひくみたいにタタタタタンって(笑)。私はかなり怒って「私の太もも触ったんでしょ!」と言って、おじさんの手を掴んで合気道の技で抑え込んだら、おじさんが身動き取れなくなって。

――痴漢を捕まえたんですね。

リン そしたら、おじさんが「触ってないです」と言うから「こうして触ったじゃないですか!」と言い合いになって。すると周りにいたおばあちゃんたちが「もう、かわいそうだからやめてあげて」となって手を放しました。そのころは毎日山を登ったり、朝9時から12時まで運動してから大学の授業を受けて、夕方5時から夜の9時くらいまで訓練してるときでしたから(笑)。

「世界でも活躍できる!」とミスiDでも太鼓判

――『イ・リンのコスプレ格闘ポーズ集』は、まさにリンさんの得意なことが詰まった1冊で、どのポーズも決まっていました。

リン すごく楽しいお仕事でした! 思いっきり格闘のポーズができて、もっと多くの皆さんに見ていただきたいです。

――韓国から翻訳版のオファーも来ているそうですね。

リン まだ正式に決まったわけではないのですが、準備をしているところです。

――一番好きなコスプレはなんですか?

リン 『ファイナルファンタジー』のティファ・ロックハートが好きです。

――どんなところが好きですか?

リン 武器より自分の手や足を使って戦うキャラクターですごく魅力的。しかも美少女です。体のバランスも最高ですし、かわいい見た目とのギャップもよくて憧れています。女性は自分の憧れに変身できるとうれしいですよね。そんな感じで楽しんでいます。

▲ミスiDのファイナリストとなり大郷剛賞を受賞

――コスプレ以外にミスiDのほうでも話題になっていましたね。ファイナリストに残り大郷剛賞も受賞しました。おめでとうございます!

リン 2年くらい前に韓国のファンの方からミスiDのことを教えてもらったんですが、そのときは応募が締め切られていて、次は絶対に応募しようと狙っていました。

――一般的なオーディションと違って1年がかりの長期戦でしたが、そのなかで印象深い出来事はありましたか?

リン たしかに期間としては長かったですが、私としてはすごく楽しい時間でした。アピールする機会をたくさんいただけて、たくさんの人に見ていただく機会をもらったような感じです。1年を通して注目してもらえるのはありがたかったです。

▲多くの人に見ていただいて反響があるのはうれしいです

――疲れている日や気分の乗らない日も頑張っているのだろうと勝手に想像しておりました。

リン やはり見てもらえることが嬉しかったですし、かわいい女の子を見るのも楽しかったです(笑)。

――ライバルの様子も楽しく見ていたんですね。

リン はい。見て学ぶところも多かったんです。こういう感じで配信するといいなとか、こういう感じでファンの方に対応しているんだ……とか。すごく勉強になりました。

――結果、選考委員のおひとりである大郷剛さんの賞を受賞されました。受賞の理由はなんだったか聞きましたか?

リン 韓国からひとりで来て頑張っている姿と、アクション・グラビア・コスプレと、いろいろできること。そして海外でも活動できる可能性がある、とすごく褒めていただけて光栄でした。そのお礼をきちんとお伝えしたかったんですが、ステージに上がったらパニックとうれしさで「うっうっ」と涙があふれ出てきてしまって……。賞をいただけて幸せでしたが、これからが新たなスタートだとも思っています。

日本のだし巻き卵とやよい軒の定食が大好物

――日本での暮らしは慣れましたか?

リン はい、慣れました。道がわからなくて聞くと、韓国なら口で説明するだけなのに、日本は連れて行ってくださる人が多いし、店員さんもみんな優しいし丁寧ですね。韓国アーティストのライブを見に行ったことがあるんですが、ライブを見ているファンの皆さんが、おとなしくて礼儀正しくてびっくりしました。韓国では「キャーキャー」うるさいんですよ(笑)。

――お休みの日は何をして過ごしているんですか?

リン 自分のカメラで日本の街や日常の風景を撮影してます。それをYouTubeとかにアップすることもあるんですが、やよい軒の様子は好評でした。私がすごく好きなので、定食を食べたいときはやよい軒へ行きます。

――やよい軒といえば、ごはんがおかわり自由ですよね。

リン はい、いつもおかわりしてます(笑)。そこで初めてだし巻き卵を食べて、あまりのおいしさに驚きました。最近は日本料理にも挑戦しているんですが、初めて作ったのはだし巻き卵でした。もう、大好きで週3回くらい食べてます(笑)。

――だし巻き卵を作るには、見た目以上に難しくてコツがいりますが、料理は得意なんですか?

リン 最初は何度も失敗しましたが、最近は結構上手になりました! そのほか日本料理はすき焼きと焼肉が好きで、料理も好きです。

▲だし巻き卵のおいしさに驚き、週に3回くらい食べています

――お肉ばかりですね(笑)。

リン (笑)。ほかにお寿司も好きだし、日本式の鶏モモをステーキみたいに焼いたものが好きです。

――照り焼きでしょうか。

リン はい、それがすごく好きです。納豆はお母さんが韓国でもよく使っていて、実家でもご飯にかけたり、チゲに入れたりしていたほど好きです。あとは、今、はちみつ梅干しにハマってます!

――韓国の食べ物が恋しくなることはありませんか?

リン 私はからいものが苦手なので、からいものへの恋しさはないですが、サムギョプサルや韓国式のヤンニョムチキンを食べたくなると新大久保へ行きます。

――今後どんな活動をしていきたいと考えてますか?

リン 日本のバライティ番組に出て面白いトークもしたいし、戦隊モノや特撮系、悪い役などにも挑戦したいです! あと、最近ハリウッド映画に韓国人がよく出ているので、私もチャレンジしたいです。

――アクションができるからチャンスがありそうです。

リン 絶対にやりたいです。これからもっと頑張りますので応援よろしくお願いします!


〇ニュースクランチYouTubeチャンネル