警視庁が繁華街取り締まり

五輪控え、副総監も巡視

©一般社団法人共同通信社

JR秋葉原駅近くでメイド服姿のカフェ店員にビラを配る警視庁の警察官=18日夕、東京都千代田区

 警視庁は18日、東京五輪・パラリンピックの開催を控え、東京都内の繁華街22カ所で違法な客引きなどの一斉取り締まりを実施した。緒方禎己副総監も豊島区のJR池袋駅近くの繁華街を巡視した。

 緒方副総監は午後6時20分ごろから池袋駅西口交番周辺の飲食店や風俗店の様子を見て回った。また、警察官や豊島区職員ら計約80人が違法な客引きへの警告や、路上をふさぐ風俗店の看板撤去を実施。悪質な飲食店によるぼったくり被害などに注意するよう呼び掛けた。

 千代田区のJR秋葉原駅付近でもパトロールを行い、メイド服姿のカフェ店員らに客引きしないよう呼び掛けるビラを配布した。