女性アスリートの性的動画販売した会社員の男逮捕 名誉毀損容疑で全国初摘発 千葉県警

© 株式会社千葉日報社

千葉西署に入る石上容疑者=21日午前7時5分ごろ、千葉西署

 女性スポーツ選手の下着が透けて見える動画をインターネットで販売し選手の名誉を傷つけたとして、千葉県警は21日、名誉毀損(きそん)の疑いで市川市福栄2、会社員、石上浩志容疑者(57)を逮捕した。選手の画像や動画を、性的な意図を持って撮影したり拡散したりする行為は社会問題化しており、競技団体などが対策に乗り出している。県警によると、スポーツ選手の性的画像問題を巡り、同容疑で摘発するのは全国で初めて。

 逮捕容疑は2018年11月20日~今年3月10日、20代の女性バレーボール選手の顔や下着が透けて見える動画をアダルト動画販売サイトで販売し、選手の名誉を傷つけた疑い。容疑を認めている。

 県警サイバー犯罪対策課によると、動画は試合前の準備運動や試合中の様子で、赤外線カメラで盗撮されたとみられる。約8分間に編集されており、1200円で販売していた。

 県警のサイバーパトロールで動画を確認。日本オリンピック委員会(JOC)の協力も得ながら捜査を進めた。

 容疑者は他にも女性選手の動画を販売しており、同サイトに出した約40本の性的動画のうち約30本が女性選手関連だった。他のサイトも含め、同課は15年以降で約600万円の売り上げがあったとみて、動画の入手先を調べている。

女性アスリートを対象とした盗撮動画などの販売による、名誉毀損被疑事件の証拠品=21日午前、千葉西署