第1シード出澤(専修大)ら女子単ベスト16出揃う<関東学生卓球新人戦>

©株式会社ラリーズ

<関東学生卓球新人選手権大会 6月12日、20日、21日>

6月12日、20日、21日で関東学生卓球新人選手権大会が開催されている。各大学の1,2年生が中心に参戦し、20日には男子ダブルスで宮川昌大/手塚崚馬ペア(明治大学)が、女子ダブルスで川北帆香/髙橋あかりペア(中央大学)が優勝に輝いた。

21日は、男女シングルスで王者が決まる。現在女子シングルスでは、全日本ジュニア優勝経験を持つ第1シードの出澤杏佳(専修大学)や日本生命の下部組織ジュニアアシスト卓球アカデミー出身の杉田陽南(早稲田大学)ら実力者が勝ち進み、ベスト16が出揃っている。ベスト8決定戦の組み合わせは以下の通り。

女子シングルスベスト8決定戦

写真:顧琳婧(早稲田大学)/撮影:ラリーズ編集部

出澤杏佳(専修大学) – 稲吉美沙(日本体育大学)
寺坂美優(日本大学) – 髙橋あかり(中央大学)
顧琳婧(早稲田大学) – 米満真奈美(國學院大学)
前田愛佳(日本大学) – 庄易(青山学院大学)
川北帆香(中央大学) – 伊藤希望(日本大学)
里川奈優(早稲田大学) – 船場清華(専修大学)
川本茉乃花(日本体育大学) – 沖胡ひとみ(専修大学)
畑中彩月季(日本大学) – 杉田陽南(早稲田大学)

文:ラリーズ編集部