チ・ヒョヌ主演『恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ』、dTVで独占配信

©株式会社マイナビ

2020年に韓国で放送されたドラマ『恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ』が21日より、dTVで独占配信されている。

同作は、正義感が強い不器用な性格ゆえに仕事も上手くいかず、恋も面倒くさがるアラサー女子のイ・ナウンと、過去のトラウマから恋に踏み出せないイケメン精神科医のチャ・ガンウが、ひょんなことから一緒に暮らすことになったシェアハウスが舞台。2人がシェアハウスの住人たちとともに織りなす恋模様をポップに描いている。

ガンウを演じるのは、『セレブの誕生』や『悲しくて、愛』など、ラブコメから社会派ドラマまでこなす実力派俳優のチ・ヒョヌ。ナウンには『花より男子〜Boys Over Flowers』や『風吹くよき日』のキム・ソウン、ナウンを献身的に支える男友達のカン・ヒョンジンにはSUPERNOVA/Funky Galaxyのゴニル、シェアハウスの住人で秘密主義なSPであるチョン・フンにB1A4のゴンチャンなど、個性的な豪華キャストが勢ぞろいしている。

また、チ・ヒョヌが歌う挿入歌「Please Don't Go」など、ドラマを彩るK-POPミュージックにも注目だ。